「FXスポーツ 4」SSCでの組立と特徴のご紹介

仙台市若林区荒井のトレックのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクをメインに扱うスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

本日は、E様にご成約いただきました「FXスポーツ 4」をSSCにて組み上げましたので、SSCの組立と「FXスポーツ 4」の特徴をご紹介します。

SSCの組立の詳細記事はこちら

トレック FXスポーツ4の詳細記事はこちら

SSCによる組立

一度分解します。さらに、フレームからディレーラーなども外しますし、ホイールからタイヤも外します。

アルミフレームですので、フレーム内部に防錆剤を吹き込みます。

 

フレーム内部に水や汗が入りにくいようにコーティングします。

今回はバリアスコートでの施工をさせていただきました。

バリアスコート施工の詳細記事はこちら

ホイールはセンター・タテ・ヨコをフレ取りします。

ワイヤーの長さなどを調整して組立し、変速調整して完成です。

トレック FXスポーツ4の特徴

アルファ200アルミフレーム、シマノ ティアグラ 2x10変速、油圧ディスクブレーキを採用したロードバイクに近い設計のクロスバイクです。ここからは特徴をご紹介します。

カッコ良いカラー

まずはこのカラーリングです。「マットメタリックガンメタル」というカラーのフレームにTREKのシルバーロゴが、高級感がありカッコ良いです。

フレーム素材:アルファ200アルミ

アルファ200アルミ採用により、軽量で丈夫なフレームとなっています。

SSC組立時に分解したときの写真です。フレームのチューブが薄く均等で、アルミ素材の良さと形成技術の高さを感じます。さらに内部の溶接部分もキレイです。

ドライブトレイン:シマノ ティアグラ

ドライブトレインにシマノ ティアグラの2×10の20変速を採用しています。ロードバイクのコンポーネント採用により、キビキビと変速することが可能になっています。

油圧ディスクブレーキ

シマノの油圧ディスクブレーキ採用により、悪天候時や下り坂でのブレーキ性能が非常に良く、安心できます。

ボントレガー R1

タイヤにロードバイク用のボントレガー R1採用により、より軽快に走行できます。32Cのタイヤ幅がありますので、乗り心地も良いです。

まとめ

FXスポーツ4は、安全で快適に長距離のライドを楽しめるように、ロードバイクに近い設計となっており、高性能なクロスバイクとなっています。

通勤・通学はもちろん、長距離のサイクリングや長時間のフィットネスの使用におすすめです。

使用目的により選ぶバイクは変わりますが、サイクルストアファーストでは、あなたに最適なバイク選びのお手伝いをさせていただきます。どんなことでもご相談ください。

 

関連記事

PAGE TOP