クロスバイクと一緒に揃えたい用品

クロスバイク買ったらそのまま乗れないの?

クロスバイクを購入しよう!と考えた時に、クロスバイク本体の他に必要な用品があることをご存知でしょうか?一般車(ママチャリ)は、ライト・鍵・スタンドなどがついているので、クロスバイクも必要なものは装備されていると思っても不思議ではありません。

しかし、ママチャリとクロスバイクは使用用途が全く異なる(同じように使うこともできますが・・・)ものですので、使用用途によってライト・鍵・スタンドなどの用品の種類が変わってきます。また、不要なものもあります。

ですので、クロスバイクは必要な用品を選んで装着するため、クロスバイク本体にはママチャリについていた装備が無いのです。

そこで、どんな用品が必要なの?という疑問がうまれますが、みなさまの使用用途や使用環境などで変わります。一般的には、最低限必要な装備を装着して、クロスバイクに乗りながら必要に応じて準備していく、ということになります。

ここからは最低限必要の用品をご紹介していきます。

自転車に乗るため必要なもの

フロントライト・リアライト

ライトは夜間走行時や、日中でもトンネルなどに入ると必要になります。

また、ライトは種類によって明るさなどが全く変わってきますので、夜間走行時の事を考えて選ぶ必要があります。

リアライトは、リフレクターがついていれば法律上は無くても大丈夫です。しかし、リフレクターとリアライトでは、自転車走行時の周りの車や歩行者などのアピール(目立ち方)が全く違ってきますので、安全性が高まります。リフレクターに比べて、リアライト装着の方がカッコ良いというのもポイントかと思います。

また、トレック・ボントレガーでは、安全のため日中でもライトをつけるディライトを推奨しています。日中もライトを点灯すると自転車の衝突事故を33%減少させる、というデータもあります。

ベル

ベルもクロスバイクに付属になっていないので、用意する必要があります。

道路交通法では、自転車にベルをつけなくてはならないことになっており、「警笛ならせ」の標識があるところでは、ベルを鳴らさなくてはなりません。

安全のため必要なもの

ヘルメット

安全に走るから大丈夫!と考えていても、事故や転倒は不意にやってきます。事故や転倒は起こってからでは遅いのです。

現在の法律上はヘルメットの装着義務はありませんが、安全のためかぶりましょう。

ヘルメットは安全性と被ったときのフィット感などが重要です。

ボントレガーでは、最近発売したウェイブセルという新技術を使った、世界一安全性の高いヘルメットというのもあります。

実際に被ってみて選びましょう。

グローブ

スポーツ自転車用のグローブは、手のひらにパッドが入っていて、長時間自転車に乗っても、手に振動が伝わりにくいようになっています。

その他に、転んだ時に手を保護する役割もありますので、安全のためにグローブを装着しましょう。

盗難防止のために必要なもの

ロック(鍵)

近頃は、スポーツ自転車の盗難が多くなっています。せっかく購入したクロスバイクですし、高価なものなので、使用目的別にロックを選びましょう。

持ち運びが容易なケーブルロックから、若干重いですがケーブルロックよりも安心なチェーンロックなど、いろいろな種類があります。

メンテナンスに必要なもの

フロアポンプ(空気入れ)

クロスバイクに乗る前に必ず空気圧チェックをしましょう。

パンクのほとんどの原因が空気圧不足だといわれています。適正空気圧を保っていると、パンクするリスクがグッと減ります。

また、ママチャリの空気入れはクロスバイクには対応していません。

ママチャリに比べ、まず空気の入れ口のバルブの種類が違います。バルブには、英・仏・米、と3種類あり、ママチャリは英式バルブに対し、クロスバイクは仏式バルブか米式バルブとなっています。

次に、クロスバイクはタイヤによって違いがありますが、ママチャリに比べ高圧で空気をいれますので、高圧で入れられるポンプが必要になります。また、気圧を管理するため、メーターのついているポンプが必要になります。

チェーンオイル・チェーンクリーナー

クロスバイクに限らず自転車はチェーンにオイルを差す必要があります。

実際、オイルを差さなくても自転車に乗ることはできますが、オイルの差していないチェーンで走行を続けると、チェーンの伸びが早まったり、スプロケットやチェーンリング(クランクの歯)などを削っていきます。そのため、交換時期が早まり、トータルでのコストが大きくなってしまいます。また、ギア類の回転も悪くなってしまい、ペダルを踏んだ時の抵抗となってしまいます。

また、自転車にのっていると、チェーンに土やほこりが付いたり、油汚れで黒く汚くなってきます。この状態でも、チェーンやスプロケ・チェーンリングなどを傷めますので、チェーンクリーナーで汚れを落としてから、チェーンオイルを塗る、というのが良いです。

この他に必要なもの

スタンド

クロスバイクにはスタンドは装備されておりません。スタンドの無い自転車ってどうなの?と思うかもしれませんが、必ず必要なものでもありません。

クロスバイクは軽いので、ママチャリみたいに自転車本体にロック(鍵)をかけると、自転車ごと盗難に遭ったりします。そこで、通常は、建物や柱など動かせないものと自転車を一緒にロックする必要があります。そのため、建物や柱に自転車を立てかけて駐輪するため、スタンドが無くても大丈夫だったりします。

しかし、駐輪場で自立して立てられないと自転車を停められない、いちいち自転車を立てかける場所を探すのが面倒など、スタンドを付ける方も多いです。

使用用途に応じてスタンドをつけましょう。

パンク修理キット

パンクのリスクに備え、替えのチューブ・タイヤレバー・携帯ポンプを持っておくとよいです。パンクをした場合、チューブ交換でまた走り出すことができます。

遠くにサイクリングにいった場合や、通勤・通学途中など、すぐ近くに修理してくれる自転車屋さんがあれば良いのですが、そう都合よくあるわけではありません。

チューブ交換ができるように練習しておく必要はありますが、いざという時のために準備しておきましょう。

ボトルケージ&ボトル

水分補給は必須です。ちょっとした距離を乗るとしても、クロスバイクは結構な運動となりますので、まめに水分補給をしましょう。

喉が渇くまえに水分を補給するのが良いといわれています。

アイウェア(サングラス)

紫外線やほこり・砂などから目を保護するために必要です。また、自転車用アイウェアは、早い速度で使用することを前提に設計されているため、風が巻き込みにくくなってたり、ヘルメットをかぶったときに、サングラスの耳に当たる部分が気にならないようになっていたりします。

サイクルパンツ

パッド入りのパンツになっていて、長時間自転車に乗ってもお尻が痛くなりにくくなっています。また、適度な着圧(パンツによって異なりますが)がありますので、足に疲労が残りにくくなります。

サイクルコンピューター

ペース管理や効率の良い運動をするために必要です。最近はスマホのアプリでもサイクルコンピューターとして使う事もできますが、長時間自転車に乗っているとスマホではバッテリーが持たなかったりします。例えば、サイクリングをして遠くにいき、スマホで写真と撮ろうとしたらバッテリーが無かった!なんてことも。

フェンダー(泥除け)

雨の日や路面が濡れている日は自転車に乗らない、という方は必要が無いかもしれません。しかし、通勤・通学で毎日乗る、という方や、朝は天候が大丈夫だったけど、帰りに雨が降ってきた時を想定される方には必須といえます。

最後に

今回紹介した用品以外にも、防犯登録や自転車保険の加入なども必要です。自転車保険は、仙台市の条例で義務化されました。義務化されていない地域もございますが、万が一に備えて、自転車保険は加入しましょう。

今回紹介したクロスバイクに乗るために最低限必要な用品は、総額で28000円位です。この中で、違う種類の用品や、さらに必要な用品、不必要な用品によって金額は変わりますが、クロスバイク本体にプラスこの金額と考えると良いでしょう。

最初は金額を抑えて、と機能より価格優先にしてしまうと、後々必要に応じて買い替えなくてはならない、なんてことも良くありますので、使用用途を考慮して選ぶ必要があります。

例えば、価格を抑えたライトを買ったけど、実際夜に使ってみたら暗くて、明るいライトを買いなおさなくてはならなかった、ということはよくあります。

サイクルストアファーストでは、皆様の使用用途や予算に応じて、自転車用品のご提案もさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ドマーネAL3
PAGE TOP