マドンSLR7ディスクをSSCにて組立しました

仙台市若林区荒井のトレックのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクをメインに扱うスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

約1か月前に、S様にマドンSLR7ディスクをご注文いただき、本日入荷しまして、SSCにて組立させていただきました。そこで本日は、SSCによる組立作業をご紹介いたします。

SSCはこちらの記事で説明しています。

マドンSLR7ディスク

マドンSLR7ディスクは、プロジェクトワンにて選択することができ、カラー・サイズ・コンポなどを選ぶことができます。

S様と打合せをしてサイズ・コンポなどを決めていきました。

入荷

自転車は箱に入って入荷します。

自転車に傷がつかないように、梱包されています。

SSCによる組立

梱包を外して、メンテナンススタンドにセットした状態です。ここで、フレームなどにキズが無いかチェックします。

ここからクランクなどを外していきます。

BBもはずして、グリスを塗って再度圧入します。

フレームにワックスを塗ります。

バイクについているネジ全てを外して、グリスアップします。こんなところのネジも外して、グリスを塗って再度締めなおします。

ブリーディング(油圧ブレーキのオイル挿入・エア抜き)作業です。

ホイールは、タイヤを外して、センター・タテ・ヨコの振れ取りをします。写真はセンター出し作業です。

SSCで完成したバイクには「FIRST」ステッカ―が貼られます。

完成です。

さわやかなブルーの組み合わせにより、オシャレなマドンになっています。

トップチューブのマドンの文字も高級感があります。

納車

納車時にポジション調整をして、身体にバイクを合わせていきます。

使用方法・操作方法などをご説明して納車となります。

まとめ

当店でのSSCで組み上げたバイクは、水や汗に強く、新車の状態を長く保つことができます。さらに、精度良く組み上げますので、不具合が出にくく、トラブルも少なくなります。

今回、SSCにて組み上げたマドンSLR7ディスクも新車の状態を長く保つことができるように組み立てています。ご購入いただいたS様には、ずっといい状態でバイクに乗っていただきたいと思いますし、そのためのサポートをしていきたいと思っています。

バイクご購入をご検討の皆様には、ぜひ当店によるSSCの組立をお勧めいたします。

 

関連記事

PAGE TOP