機械式と油圧式|クロスバイクのディスクブレーキ

ディスクブレーキの種類

前回のブログで、トレックFX3とFX2のノーマルブレーキとディスクブレーキの違いを解説しました。マウンテンバイクの世界では10年以上前からディスクブレーキは当たり前になっていましたが、ロードバイクとクロスバイクの世界にもディスクブレーキが普及してきました!

前回は省略しましたが、ディスクブレーキの中には、ワイヤーを引いてブレーキキャリパー内のピストンを動かす「メカニカルディスク|機械式」と、油圧の力でブレーキキャリパー内のピストンを動かす「ハイドロリック|油圧式」という2種類の構造があるのはご存知でしょうか?

メカニカルディスク|機械式ディスクブレーキ

ワイヤーを引いてブレーキキャリパー内のピストンを動かすタイプです。

機械式・メカニカルディスク

<機械式ディスクブレーキのブレーキキャリパー部>

部品点数が少なく構造が簡単なため安価というメリットがあり、比較的低価格のバイクに用いられます。レバー部分は普通のブレーキ(Vブレーキやキャリパーブレーキ)と共通です。

雨天でも制動力に影響が少ないというディスクブレーキのメリットはあるものの、油圧式のようにブレーキレバーの引きが軽いというメリットはありません。そのために、小さな力でブレーキが握れる。コントロールしやすい。というメリットを感じることはありません。

ハイドロリックディスク|油圧式ディスクブレーキ

油圧の力でブレーキキャリパー内のピストンを動かすタイプのディスクブレーキです。パスカルの原理(懐かしいですよね)で指先の小さな力を、強力なストッピングパワーに変えてしまうのです。自動車やオートバイに使われている仕組みです。

<油圧ディスクブレーキのブレーキレバー部>

デュアルスポーツ 3 フロントディスクブレーキ

<油圧ディスクブレーキのブレーキキャリパー部>

ブレーキレバーを軽く握ってもしっかりブレーキを効かせることができ、その結果ブレーキの繊細なコントロールが容易になるメリットがあります。握力の弱い方・女性の方にもおすすめです。

デメリットは、オイルを使用する専用のブレーキレバー(写真上)・キャリパー(写真下)など、機械式ディスクブレーキと比較して高額なことです。

組み立てやメンテナンスにも高い技術が必要な油圧式ディスク

乗る側にとってメリットの多い油圧式ディスクブレーキですが、組み立てやメンテナンスには、これまでの自転車とは異なる新しい技術が必要とされます。

サイクルストアファーストの成田は、オートバイの販売店に勤めていた経験もあり、油圧ディスクブレーキの取り扱いには精通してます。

ディスクブレーキ付きのクロスバイク・ロードバイクは(もちろんマウンテンバイクも!)、サイクルストアファーストにおまかせください!

関連記事

PAGE TOP