トレック エモンダ SL5|軽さを活かしヒルクライム、ロングライドも楽しめる

トレック・エモンダ SL5 2019モデル

エモンダSL5 2019モデル

ヒルクライムなど登りに定評のあるトレック エモンダ。そのエモンダのカーボンモデルの中で最もお求めやすいモデルのエモンダSL5を解説していきます。

トレック エモンダとは

エモンダは「削ぎ落とす」という意味で、各グレードにおいて最軽量バイクを提供するというコンセプトのもとに設計されています。
エモンダはディスクモデルも含めると、カーボンモデルが10種類、アルミモデルが3種類あり、エモンダSL5はカーボンモデルの中で最もお求めやすいモデルです。

エモンダSL5の設計は最上位モデルのエモンダSLRと共通で、使用するカーボン素材とコンポーネントのグレードを抑えて価格をグッと抑えていますので、初めてのカーボンロードバイクとして人気があります。

エモンダの最大の特徴は軽量であること。軽さはまずヒルクライムで活きてきます。
また、軽いだけではなく、実はロングライドも得意です。そのあたりも含めて解説していきましょう。

フレーム素材:500シリーズOCLVカーボン

トレック・エモンダ SL5 2019モデル

<写真は2018モデル エモンダ SL5>

トレックが開発し、特許を取得したOCLVカーボンの中でも、500シリーズは軽量で振動吸収性・剛性が高いバランスのとれた素材となっています。
堅すぎず、それでも剛性の高い500シリーズOCLVカーボン採用のエモンダSL5は、登坂の連続するヒルクライムでキビキビ登ってくれます。

シートマストキャップ

トレック・エモンダ SL5 2019モデル

500シリーズOCLVカーボン製フレームは、カーボンの特性を活かし路面からの細やかな振動を吸収してくれるほか、シートマストキャップ方式の採用で、シートチューブのしなりを最大限引き出せるため、縦方向の振動吸収が格段に良くなり、ヒルクライムのほかロングライドでも快適な乗り心地を実現します。

BB90

TREKのハイエンドロードバイクに採用されるBB90は、一番力のかかるBBまわりのフレーム自体の幅を広げることにより、フレームのたわみを少なくしパワーロスを減少して推進力に変え、キビキビした気持ちの良いペダリングを実現しています。
シマノ105クランクをそのまま使いますので、変速性能や耐久性を犠牲にしないのも素晴らしい点です。

コンポーネント:シマノ 105

トレック・エモンダ SL5 2019モデル

コンポーネント(変速機など)に変速の正確さや、ブラケットの握りやすさで定評のある、シマノ105(2x11速)を組み合わせています。クランク・カセット・チェーンといった部品は、違うメーカーやグレードのものを使うモデルも少なくない中、エモンダSL5は全て同一グレードでまとめられています。

ダイレクトマウント ブレーキキャリパー

トレック・エモンダ SL5 2019モデル

ブレーキはダイレクトマウントブレーキを採用しています。
ダイレクトマウントブレーキと通常のブレーキとの違いは、ブレーキ本体を2本のボルトでとめている所です。2本のボルトでとめることにより剛性が上がり、ブレーキをかけた時のブレーキ本体の歪みが少なくなり制動力がアップします。

生涯保証

製品上の不具合を生涯にわたって保証するTREK独自のプログラムは、TREKの製品にたいする開発力と高いクオリティの自信であります。
エモンダSL5は生涯にわたって保証されます。

エモンダSL5で蔵王を登る

宮城県でヒルクライムといえば、日本屈指といわれる蔵王が有名です。
5月に蔵王ヒルクライムという大会があり、全長18.7km・最大勾配12%・平均勾配7.1%の休むところのないほぼ登りっぱなしのコースです。宮城のヒルクライマーなら登ったことのない方はいない位、ヒルクライムの練習には最適の場所で、蔵王ヒルクライムの大会の練習で登っている方も多いのではないでしょうか。
私は年間で数回蔵王を登っています。蔵王を登るときは、仙台出発で蔵王を登って帰ってくるライドとなり、トータルで130kmほど走ります。ヒルクライムと同時にロングライドとなりますので、軽いうえに乗り心地も良いエモンダSL5は、そんなライドに最適です。

こんなあなたにおすすめ

エモンダSL5は、エモンダシリーズ最高峰SLRグレードと同じ設計のフレームにOCLV500カーボンを採用、コンポーネントにフルでシマノ105を採用しています。
同クラスの105採用カーボンロードバイクの中では、乗り心地、軽さ、剛性の高さなど飛びぬけた実力のバイクとなっており、非常にコストパフォーマンスが良くなっております。

得意ジャンルは軽さを活かしたヒルクライム、ロングライドも楽しめるオールマイティなロードバイクです。
軽量で乗り心地も良く、クセがない乗りやすいロードバイクですので、初めてのカーボンロードとして、クロスバイクやアルミロードからのステップアップに最適です。

コンポーネントもシマノ105フル装備ということで、変速やブレーキの使い心地も良く、楽しむことに集中できる1台といえるのではないでしょうか。将来的にはホイールを軽いものに変えることで、最強の相棒になってくれると思いますよ。

サイズ選びとフィッティングについて

ロードバイクでは、バイクサイズとハンドル・サドル位置調整・バイクに乗る姿勢などのポジションが重要となっています。
サイクルストアファーストでは、ロードバイクに精通したスタッフがひとりひとりに合わせた最適なサイズをお選びいたします。また納車時はもちろん、納車後のポジション調整も行っています。
ポジション調整等のフィッティングもサイクルストアファーストにご相談ください。

エモンダSL5基本スペック

フレーム

フレーム:Ultralight 500 Series OCLV Carbon, tapered head tube, BB90, direct mount rim brakes, internal cable routing, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォーク:Émonda carbon, tapered steerer, direct mount rim brakes

ホイール

フロントハブ:Alloy
リアハブ:Alloy
リム:Bontrager Affinity Tubeless Ready
タイヤ:Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700x 25c
最大タイヤサイズ:25cのボントレガータイヤ(フレームとのクリアアランスは最低4mm)

ドライブトレイン

シフター:Shimano 105, 11 speed
フロントディレーラー:Shimano 105, braze-on
リアディレイラー:Shimano 105
クランク:Shimano 105, 50/34 (compact)
BB:BB90
カセット(スプロケット):Shimano 105, 11-28, 11 speed
チェーン:Shimano 105
ペダル:Not included

コンポーネント

サドル:Bontrager Montrose Comp, chromoly rails
シートポスト:Bontrager Ride Tuned alloy seatmast cap, 10mm offset
ハンドルバー:Bontrager Comp VR-C, 31.8mm
グリップ:Bontrager tape
ステム:Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセット:Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
ブレーキセット:Shimano 105 direct mount

重量

重量:56cm – 8.68 kg / 19.13 lbs
体重制限:このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。

カラー

エモンダ SL5

Matte Trek Black/Gloss Viper Red

エモンダ SL5

Azure/Carbon Smoke

価格

¥241,000(税抜)

関連記事

  1. トレック・ドマーネSL5
  2. トレック マドン SL6 ディスク
  3. トレック・マドン SL6
PAGE TOP