トレック ドマーネ SL5|ロングライドに最適なカーボンロードバイク

トレック・ドマーネSL 2019モデル

ロングライド性に定評のある、カーボンロードバイク「ドマーネSL5」を紹介します。路面からの衝撃を吸収するISOスピード機構を備えた最新のカーボンロードバイクです。

トレック・ドマーネとは?

ドマーネはヨーロッパなどの石畳(パヴェ)レースで勝つために開発されたロードバイクで、安定性に優れたジオメトリーと路面からの衝撃を吸収するISOスピードテクロノジーを前後に搭載しており、レースをするプロ選手だけではなく、サイクリングやロングライドをする私たち一般ライダーにも大きなメリットがあります。

トレックのカーボンロードバイクは、大きく3つのタイプに分類されます。エアロダイナミクス(空力)に特化した究極のロードバイクMadone(マドン)。クラス最軽量ながらグランツールを走る選手の脚力に反応するEmonda(エモンダ)。そして高い安定性と振動吸収機能を搭載するのが、今回紹介するDomane(ドマーネ)です。

更にそれぞれのモデルで、使用されるカーボン素材のグレード、コンポーネントのグレード、ブレーキ形状などにより数種類のモデルが存在します。

ドマーネシリーズの中でのSL5を詳しく解説

ドマーネにはディスクブレーキモデルも含めて、カーボンモデルが8種類・アルミモデルが4種類あり、ドマーネSL5はカーボンモデルの中で最もお求めやすいモデルです。

ドマーネSL5はカーボン素材とコンポーネントのグレードを抑えて価格を抑えていますので、初めてのカーボンロードとして人気が高く、長い距離を乗りたい!など、ロングライド派の方におすすめです。

500シリーズOCLVカーボンをフレーム素材に使用

トレックが開発し特許を取得したOCLVカーボンのなかでも、500シリーズは軽量で振動吸収性・剛性が高いバランスのとれた素材です。

硬すぎることはなく、だからといってパワーが逃げる感じはない絶妙なバランスの500シリーズOCLVカーボンは、週末ロングライドを楽しむサイクリストにピッタリフィットします!

安定性に優れるエンデュランスジオメトリー

低いBB位置と長いホイールベースが生み出す直進安定性と路面に吸い付くような安定性はロングライドやダウンヒルでも安心です。

ISO(アイソ)スピード

トップチューブとシートチューブを独立、フロントフォークも上部を可動するようにし、縦方向にしなる設計になっています。このヘッド部とサドル下部がしなるISOスピードにより身体に対する不快な振動が軽減されます。

シートマストキャップ

シートマストキャップの採用で縦方向の振動吸収性が抜群です。さらにドマーネSL5はISOスピード採用によりシートチューブのしなりを最大限引き出せますのでロングライドの快適性は最上級といえます。

BB90

トレックのハイエンドロードバイクに採用されるBB90という規格を採用しています。このBB90という規格は、一番力のかかるBBまわりのフレーム自体の幅を広げることにより、フレームのたわみを少なくしパワーロスを抑え、推進力に変えます。キビキビした気持ちの良いペダリングを実現しています。

コンポーネント:シマノ105

コンポーネント(変速機・ギア・ブレーキなど)に変速の正確さや耐久性に定評のあるシマノ105(2x11速)を採用しています。またクランク・カセット・チェーンなど全て同一グレードにまとめられていて、さらに精度や耐久性などが良くなっています。また、ブレーキはダイレクトマウントブレーキを採用しています。

ダイレクトマウントブレーキと通常のブレーキとの違いは、ブレーキ本体を2本のボルトでとめている所です。2本のボルトでとめることにより剛性が上がり、ブレーキをかけた時のブレーキ本体の歪みが少なくなり制動力がアップします。

生涯保証

ドマーネSL5はもちろん業界最高の生涯保証の対象となっています。製造上の不具合を生涯にわたって保証するトレック独自のブログラムは、トレックの製品に対する開発力と高いクオリティの自信です。

仙台〜石巻・牡鹿半島をドマーネSL5で走る

私はお休みの日を使ってロングライドすることが多いです。仙台出発で亘理・山元方面、仙台出発で石巻・牡鹿半島、仙台出発で登米・伊豆沼・長沼、などロングライドする日は1日で100km~200km位乗ります。

例えば、石巻の牡鹿半島。海沿いの道を走ることができ非常に楽しいコースですが、アップダウンがかなりあります。こんなコースでドマーネSL5は、軽さを生かして登りはスイスイ、安定性に優れるジオメトリーとダイレクトマウントブレーキにより下りは安定して安心できます。

また、仙台~石巻間は極端な登りは少ないですが、道路がひび割れている箇所があったりで、振動が発生する場面が結構あります。仙台に帰ってきて170km位の距離になりますが、ドマーネSL5なら抜群の振動吸収性を発揮して疲労軽減にひと役かってくれるでしょう。こんなロングライドに私ならドマーネSL5を選びます。

こんな貴方におすすめ

ドマーネSL5は、安定性に優れるエンデュランスジオメトリーに500シリーズOCLVカーボンを採用、コンポーネントにシマノ105をフル採用したロードバイクです。

同クラスの105採用カーボンロードバイクの中では、圧倒的な乗り心地の良さ、そして剛性感のバランスが良く、そして軽量。非常にコストパフォーマンスが高くなっています。

初めてカーボンロードとして、またロングライドを快適に走りたい方におすすめです。

ドマーネSL5のパフォーマンスを活かすにはフレームサイズ選びが大切

ドマーネSL5に限った話ではありませんが、ロードバイク選びで大事なことの1つは、フレームサイズ選びです。サイクルストアファーストでは、ロードバイクに精通したスタッフが、ひとりひとりのお客様に合わせた最適なサイズをお選び致します。

ドマーネがいいのか、マドンなのかエモンダなのか迷ってるという方、SL5とSL5ディスク・SL6で悩んでいるという方も、ぜひご相談ください!

ドマーネSL5 基本スペック

フレーム

フレーム 500 Series OCLV Carbon, Front & Rear IsoSpeed, tapered head tube, BB90, direct mount rim brakes, internal cable routing, hidden fender mounts, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォーク Domane carbon, carbon steerer, direct mount brakes

コンポーネント

フロントハブ Alloy
リアハブ Alloy
リム Bontrager Affinity Tubeless Ready
タイヤ Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700x28c
最大タイヤサイズ 28cのボントレガータイヤ(フレームとのクリアアランスは最低4mm)
シフター Shimano 105, 11 speed
フロントディレーラー Shimano 105, braze-on
リアディレイラー Shimano 105
クランク Shimano 105, 50/34 (compact)
BB BB90
カセット(スプロケット) Shimano 105 11-34, 11 speed
チェーン Shimano 105
ペダル 付属いたしません
サドル Bontrager Arvada Comp, steel rails
シートポスト Bontrager Ride Tuned seatmast cap, 10mm offset
ハンドルバー Bontrager Comp VR-C, 31.8mm
グリップ Bontrager tape
ステム Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセット Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom
ブレーキセット Shimano 105 direct mount

重量

重量 56cm – 9.04 kg / 19.93 lbs
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。

カラー

ドマーネ SL5

Volt Green/Solid Charcoal

ドマーネ SL5

Dnister Black/Viper Red

 

価格

¥241,000(税抜)

関連記事

  1. トレック・マドン SL6
PAGE TOP