トレック エモンダSLR7 ディスク インプレ Vol.2

仙台市若林区荒井のトレックのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクをメインに扱うスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

本日は店休日を利用して、エモンダSLR7ディスクで109km乗ってきました。

 

エモンダSLR7ディスクの前回のインプレ記事はこちら

ファースト出発

本日は快晴ですが、風が強く、自転車乗りには修行となる一日となりそうです。

予定コースは、ファースト出発~鳥の海~四方山~小斉峠~ファースト到着、です。

本日の目的は、鳥の海で今が旬のはらこめし、また、登りを2か所入れ、エモンダSLRの実力を測る、ということです。

鳥の海到着

第一の目的地、荒浜にぎわい回廊商店街に到着しました。

ここまでで、結構風が強く、ほぼ平坦でしたが、エモンダSLRは加速・高いスピード域での維持のしやすさ、と平坦でも良い!と感じました。

今日はこちらで

はらこめし。

おいしくいただき、次の目的地を目指します。

四方山

はらこめしを食べた直後の登りでしたので、わき腹を抑えながら登りました(笑)

四方山は、登りの距離は長くないですが、勾配は結構きついです。しかし、エモンダSLRは軽々登ってくれます。アイオロス プロ3のホイールの良さも加味されていると思いますが、エモンダSLRの軽さと、ペダルを踏んだ時の反応の良さは、登りで確実なアドバンテージとなってくれます。

また、エモンダSLR7ディスクに装着されているのは、アルテグラ油圧ディスクブレーキでしたが、下りでは、ブレーキレバーを軽く引くだけで、確実にスピードコントロールできました。安全に下れます。

小斉峠

次に向かったのは小斉峠です。

最初は5%位の勾配で途中から10%位の勾配になるレイアウトです。ここで感じたのは、

エモンダSLRは勾配5%以内なら坂に感じない!

という事です。・・・言い過ぎました(笑)

しかし、多少の登りは、あまりきつく感じません。勾配がきつくなっても淡々と登ってくれます。

小斎峠ではエモンダSLRの実力を再認識させていただきました。

帰路

小斎峠を下ると「幸せの水」という湧き水がありました。ここで少し休憩し、ファーストを目指します。

帰りは向かい風と横風により体力を削られ、速度も上げられず、なんとかファースト到着です(笑)

走行ルート

トータル109㎞です。道に迷ったりしたので、ちゃんと走行すれば100㎞位のコースです。

最後に

エモンダSLRは、非常に完成度の高いバイクだと感じました。

ペダルを踏んだ時の反応が良く、フレームは硬いのですが、シートチューブ・シートステーがしなる設計により、乗り心地は良く、100㎞超えのライドでも快適でした。

また、登りの良さはもちろんのこと、下り・平坦の走行もバイクのバランスが良く安定しており、非常に乗りやすいバイクです。

本日乗ったエモンダSLR7ディスクは、試乗することも可能です。また、特別価格で販売中ですので、店頭にて現車をご確認ください。

 

 

関連記事

  1. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
  2. トレック マドン SL6 ディスク
PAGE TOP