マドンSLR9ディスクを組立しました Part.2~取付パーツのご紹介とバイクの完成

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

今回は、「マドンSLR9ディスクを組立しました」のパート2、取付パーツのご紹介とバイクの完成をご紹介します。

「マドンSLR9ディスクを組立しました」Part.1の記事はこちら

取付パーツのご紹介

まずは、ワイヤレスユニットです。こちらは、フレーム内部に取付しました。

このワイヤレスユニットを取り付けると、お持ちのスマホに「E-TUBEアプリ」をダウンロードしていただくことによって、ワイヤレスユニットとスマホをブルートゥースによって接続することができ、お客様ご自身で、DI2のシフトの変速ボタンの役割変更・シンクロシフトの設定などができるようになります。

こちらのBBベアリングは、セラミックスピードのセラミックベアリングです。ノーマルベアリングに比べ、クランクの回転・軽さが変わります。

ちなみにこちらのベアリングは、プロジェクトワンの発注時に選択することができます。

ボトルケージは、ボントレガー XXXカーボンケージを取付しました。

重量は、なんと18.2gと超軽量です!

パイオニアのペダリングモニターです。前回パイオニアに送ったクランクですが、センサーを取付したクランクが戻ってきましたので、インストールしました。

パイオニアのメーター・ボントレガーのライト「イオンプロRT」をマドン専用ブレンダ―にて取付します。

リアには、昼間でも2㎞先から視認されるボントレガーの「フレアRT」をマドン専用ブレンダ―にて取付します。

ペダルは、シマノ デュラエース PD-R9100を装着します。こちらのペダルは軸の回転が良く、ペダリング時の抵抗が減り効率が上がりますので、ロードバイクに乗り慣れた方での使用率は高いと思います。

さらに軸の回転が良いことによって、シューズを嵌めていないときは必ずペダルが上を向くので、脱着がしやすいです。デュラエースというグレードと、価格的に・・・という方がいらっしゃいますが、ビンディングペダル初心者にこそおすすめのペダルです。

バイク完成

美しい流線形のトップチューブと迫力のダウンチューブ、そして高級感のあるモールトンマーブルカラーと迫力のTREKロゴ。

ホイールにボントレガー アイオロスXXX4装着、とパーフェクトなバイクに仕上がりました。

まとめ

今回、マドンSLR9ディスクを組立した「SSC」は、水や汗に強く、新車の状態を長く保つことができます。さらに、精度良く組み上げますので、不具合が出にくく、トラブルも少なくなります。

ロードバイクご購入の際は「SSC」による組立をおすすめします。

またサイクルストアファーストでは、今回取付しましたオプションパーツのご相談にもお乗りしております。

ぜひサイクルストアファーストまでご相談ください。

関連記事

PAGE TOP