ママチャリ(一般車)とスポーツ自転車の違い

ママチャリとスポーツ自転車と何が違うの?

私の妻は、スポーツ自転車に乗った経験がありません。そんな妻から、最近「ママチャリとクロスバイクと何が違うの?自転車の金額は高いし、クロスバイクなら何ができるの?」と質問されました。

友人や家族の方(奥様や子供)をクロスバイクやロードバイクの世界に引き込みたく話をした事がある方なら経験のある質問ではないでしょうか?

ママチャリなら安いものなら1万円位から買えるのに対し、クロスバイクは5万円位から、ロードバイクは10万円位からと、スポーツ自転車を初めて購入する方は金額に高いと感じるかもしれません。さらに、ロードバイクは100万円を超えるものまであり、スポーツ自転車に興味を持たれない方からすると理解できない世界でもあるかもしれません。

そこで、ママチャリとスポーツ自転車の違い、スポーツ自転車だからできる事について迫っていきます。

ママチャリとスポーツ自転車

用途が違う

ママチャリは一般的に、カゴ・泥除け・鍵・ライト・スタンドなどが装備され、チェーンにもガードがついています。あまり長くない距離をゆっくり乗るように作られているので、通学・通勤・買い物などに適しています。

スポーツ自転車は、最低限走行できるようになっていて、使用用途に応じて必要なものをオプションで選んで装着するようになっています。通学・通勤・サイクリング・自転車レースなど用途も様々です。

自転車の重量が違う

ママチャリは一般的に16kg~20kgくらいの重さです。スポーツ自転車は、クロスバイクで10kg~12kg、ロードバイクは10㎏以下、軽いもので6kg~7kgの重さです。

同じ自転車でもこれだけ重量が違うのは、付属している装備の違いと、フレーム・パーツの重さの違いです。

自転車が軽いと、坂道を登るのが楽になります。また、自転車の漕ぎ出しも軽くなります。そのため、スポーツ自転車は必要最小限の装備にし、フレーム素材を重量の軽いカーボンやアルミにしたり、自転車に使っているハンドルや変速機・チェーンなどのパーツを軽い素材にしたりして軽量に作っているのです。

ギアの枚数が違う

ママチャリでは、シングルというギア無し・3段・6段という種類のギアの数が一般的です。

スポーツ自転車は、クロスバイクは24段・27段、ロードバイクは20段・22段というのが一般的で、ママチャリに対してギアの枚数が多くなっています。

スポーツ自転車のギアは、ママチャリに対して重いギアもあれば軽いギアもあります。さらに、ママチャリの1段と2段の間に数枚、2段と3段の間に数枚ギアがある、という感じです。

このギアの違いは、ママチャリに対して、もっとスピードを出したり、坂道を軽いギアでスイスイ登ることができます。また、ママチャリでは、ギアが3枚とか6枚ですので、変速をすると、急に重くなったり軽くなったりに対して、スポーツ自転車は、たくさんギアの枚数がありますので、変速時に急に重さが変わらなようになっています。このことにより、ペダルを踏む力や心拍などを一定にできるので、ママチャリに比べ、疲れにくく、速いスピードを出すことができ、長時間自転車に乗っていられるのです。

スポーツ自転車はサイズがある

ママチャリは、タイヤの大きさで26インチや27インチの自転車を選んでいたと思います。実際乗ってみて足がつけば27インチ、という感じですよね。

スポーツ自転車は、基本的にタイヤの大きさは700Cというサイズに統一されていて、フレームのサイズが変わります。XS・S・M・Lなど数種類あります。

スポーツ自転車は、乗る方それぞれの身体にあわせてサイズを選びます。適正なサイズを選ぶことによって、ペダルに力をかけやすくなったり、長時間の乗車でも疲れにくくなったりします。ですので、スポーツ自転車は専門店で、適正なサイズ合わせ、フィッティング(自転車に乗る姿勢の調整など)をすることによって、より快適に効率よく乗る事が出来るのです。

見た目が違う

「見た目から入る」という方も多いのではないでしょうか。クロスバイクやロードバイクは、スタイリッシュでカッコ良く、スポーツ自転車を颯爽と乗っている自分を想像するだけでも、テンションが上がってきます。

また、スポーツ自転車はいろいろなパーツが豊富にあり、自分好みにカスタムできます。ハンドル部のグリップ・サドル・タイヤの色を選んで変えたりなど、自分だけの1台を作る楽しみもあります。

スポーツ自転車のできること

長い距離・長時間乗ることができる

ママチャリよりも楽にスピードを出したり、坂道を登ったり、長い距離を走ったり、とママチャリでは体験できなかったロケーションに出かけたり、長時間乗る事が出来るのがスポーツ自転車なのです。

乗る距離のイメージとして、ママチャリは5km以内、クロスバイクは10km以内、ロードバイクは10km以上という感じです。スポーツ自転車は、慣れると50km・100kmという距離も乗る事が可能です。

サイクリング

※写真は閖上です。

仙台を起点に考えると、松島まで往復で約40km、秋保大滝まで往復で約50kmなのですが、今まで自転車で行くのを考えることすら無かった事が、スポーツ自転車ならサイクリングで行く事が可能になります。また、車やバイクと違い、いい景色などを見つけたら、すぐ立ち止まって写真を撮ったり、など自分のペースで自転車に乗ることが出来ます。

自分のペースで運動しながら目的地に行き、美味しい物を食べ、美しい景色を見たり観光して、また自分のペースで帰ってくる、そんなサイクリングは非日常的で楽しいです。

ダイエットやスポーツに

また、スポーツ自転車はダイエットやスポーツに最適といわれています。自分の身体に合った適正なサイズと、適正なポジション・乗り方が出来ていれば、使いたい筋肉を動かすことができますし、長い時間運動することができます。

たとえば、自転車を適正に乗れていれば、身体の体幹がつかえますので、お腹や足など身体の気になりやすい部分の脂肪燃焼に効果的です。

また、スポーツとして考えると、ランニングなどは30分~1時間位運動すると、それ以上運動は難しいかと思います。他のスポーツでも、1時間超える時間で運動できるスポーツはなかなかないのではないでしょうか?スポーツ自転車の場合は、もちろん個人差や慣れもありますが、3~4時間、人によっては一日中自転車に乗る事が可能です。運動強度は個人差がありますが、長い時間運動できるので、確実に消費カロリーは多くなります。

このことからもスポーツ自転車は有酸素運動に最適といわれています。

最後に

スポーツ自転車は、クロスバイク・ロードバイクなどの車種の他に、グレード・サイズ・金額など、たくさんありすぎて、どれを選んでよいのか迷ってしまうと思います。

自分のやりたい目的(通勤・通学・サイクリング・スポーツとして、など)、自転車のカラー、予算などで自転車を選んでいくのですが、なかなか難しいものです。

サイクルストアファーストでは、店名の由来でもある、初めての自転車選びのお手伝いをしています。スポーツ自転車に精通したスタッフが、自転車選びから自転車を購入した後も、ずっと続くサイクルライフをサポートしていきます。

ぜひサイクルストアファーストにご相談くださいませ。

関連記事

PAGE TOP