トレック2019ロードバイクラインナップ

こんにちは!仙台市若林区のトレック専門店「サイクルストア ファースト」です。
今日はトレックの2019年モデル ロードバイク ラインナップについてブログを書きました。

カーボンロードバイク

トレックのカーボンロードバイクは、大きく3つのタイプに分類されます。エアロダイナミクス(空力)に特化した究極のロードバイクMadone(マドン)。クラス最軽量ながらグランツールを走る選手の脚力に反応するEmonda(エモンダ)。高い安定性と振動吸収機能を搭載するDomane(ドマーネ)。使用されるカーボン素材のグレード、コンポーネントのグレード、ブレーキ形状などにより各モデルの中で更に数種類のモデルが存在します。

マドン SLR8 ディスク

Madone(マドン)

高度な空力性能、専用のハンドルバー、完全に内蔵化されたケーブル、高度な空力性能を持ちつつ軽量で、更に一日中快適でいられる振動吸収性能。その全てを持ち合わせる究極のロードバイクがMadone(マドン)シリーズです。

エモンダ SLR7 ディスク

Emonda(エモンダ)

超軽量で最高の反応性のEmonda(エモンダ)は、更に秀逸な走行特性を持ち、登りでは軽くコーナーや下りではバランスに優れています。カーボン素材の異なる2グレードのフレーム、更にリムブレーキとディスクブレーキを選ぶことが出来ます。

 

ドマーネ SL6 ディスク

Domane(ドマーネ)

Domane(ドマーネ)は低いボトムブラケット位置と長いホイールベースに加え、路面からの衝撃を吸収する斬新なIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーを搭載することで、高い直進安定性と路面に吸い付くような安定性を実現しています。

アルミニウムロードバイク

高性能ロードバイクの主流がカーボンフレームになりつつあるのは間違いありませんが、価格の安さ・取り扱いの手軽さなどアルミフレームのロードバイクの人気は変わることはありません。
トレックのアルミロードバイクは、超軽量アルミニウムフレームを採用するエモンダALRシリーズ、更にディスクブレーキを装備したエモンダALRディスク、クセのない扱いやすいハンドリングと低価格が好評のドマーネALシリーズがラインナップされています。

グラベルロード・シクロクロス・トライアスロン

舗装路とグラベル(砂利道など)を両方楽しめるのがグラベルロードです。太いタイヤに対応するフレーム、ディスクブレーキ、キャリアやバッグをフレームの様々な位置に装着できるマウントを備えています。

シクロクロスバイクは、人気上昇中で初心者にも優しいシクロクロスレースのために設計されています。ブロックタイヤやディスクブレーキなどを備えています。グラベルロードに似ていますがコンセプトが違うためディティールは全く異なります。

完全なエアロ形状、トライアスロン専用ジオメトリー、車体と完全にフィットするストレージシステム(オプション)など、真の高性能トライアスロンバイクをラインナップしています。

関連記事

  1. エモンダ ALR4
  2. 2019トレックエモンダALR
  3. トレック・ドマーネ AL2
PAGE TOP