2024年 リドレー フェニックス スリック(フレームセット)

パヴェ(石畳)を含むクラシックレースを走り切る事を目的に開発されたのが「フェニックス(Fenix)」です。

フェニックス スリック(Fenix SLiC)は、今までプロ選手を支えてきた前作「Fenix SL」をアップデートし、エアロダイナミクスを取り入れ、エアロエンデュランスレーサーとしてアップデートした、リドレーのエンデュランスとしてハイエンドとなるモデルです。

2024年 リドレー フェニックス スリック (Fnix SLiC)

フェニックス(Fenix)は、パヴェ(石畳)を含むクラシックレースを走り切る事を目的に開発されたエンデュランスレーサーバイクです。

フェニックス スリック(Fenix SLiC)は、弾性率の異なる30T/24T HM UDカーボンを適材適所にレイアップし、ヘッドチューブ・BB周辺の剛性と全体的な快適性を高めた、ハイエンドグレードのエンデュランスバイクです。

ケーブル類の内装化

ケーブルをフル内装するF-steererと専用コクピットの採用よりケーブル類は完全内装を実現しました。

このシステムによりコクピットで発生する空気抵抗を低減します。

ダイヤモンドシェープチュービングのダウンチューブ・トップチューブ

ダイヤモンドチュービングのダウンチューブは、剛性と強度を向上させています。

トップチューブにもダイヤモンドチュービングが採用されています。緩やかに湾曲したテーパー状のトップチューブはヘッド周りの剛性と振動吸収性を最適化しています。

リドレー フェニックスの代名詞ともいえるフレーム形状です。

剛性と振動吸収性の向上を両立したシートステー・チェーンステー

シートステーは薄く扁平させた細見の形状を採用し、接合位置を低くすることで、剛性と振動吸収性の向上の両立をしています。

少し湾曲したチェーンステーとエンドの上方に接続されるシートステーが振動吸収性を向上させています。

こんなあなたにおすすめ

リドレー フェニックス スリック(Fenix SLiC)は、パヴェ(石畳)コースで走り切れるよう開発・設計されたフレームです。

エンデュランスレーサーバイクという位置づけですが、軽量・快適性が高い上、レースでも使用できるジオメトリーを採用していますので、普段の練習からヒルクライム・ロードレースの他、ロングライドまで楽しめる1台となっています。

フレームセットは、一体型ハンドル・ステムが付属しますので、フレーム交換をしたい方、フレームからパーツを選んでいくバラ完で組みたい方におすすめです。

フェニックス スリック フレームスペック

フレーム 30T / 24T HM UDカーボン
フォーク フルカーボン
フレーム重量 980g(XS) / 1,006g(S) / 1,029g(M) / 1,074g(L)
フォーク重量 379g (コラム長300mm)
ヘッドセット 1-1/8(45×45°) / 1-1/4(45×45°) ACB
ボトムブラケット BB86 (41×86.5mm)
ブレーキ フラットマウント (フレーム厚20mm)
ディスクブレーキローター 140/160mm 対応
シートポスト 27.2mm
シートクランプ Internal Seat Clamp (SPCINT4ZA003)
最大タイヤ幅 28mm (700c)
フロントディレイラー 直付
リアディレイラー(ハンガー) HAARCERID037
スルーアクスル(フロント) 12x100mm (L 120mm/P1.5/スレッド長12mm)
スルーアクスル(リア) 12x142mm (L 167mm/P1.5/スレッド長20mm)
コラムスペーサー 39mm ※ステム下の最大スペーサー量
体重制限 110kg ※車体を含む総重量

カラー

Dark Teal-Black

Silver-Dark Denim

Heritage Limited Edition(限定カラー)

価格

フレームセット ¥352.000(税込)

BIKECLAFT(通常の完成車とは違い、好きなパーツやサイズを選びながら組み上げるパーツキットです)

SHIMANO DURA-ACER9250 Di2 ¥793,100(税込)
SHIMANO ULTEGRAR8150 Di2 ¥614,900(税込)
SHIMANO 105R7150 Di2 ¥535,700(税込)
R7100 ¥460,900(税込)

※ホイール・バーテープ・BBなど金額に含まれないパーツがあります。

バイククラフトの詳細はこちら

関連記事

  1. 2019トレックエモンダALR
  2. エモンダ ALR4
最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
PAGE TOP