トレック チェックポイントALR5|舗装路・未舗装路問わず走れるグラベルロードバイク

トレック チェックポイントALR5 2019-2020モデル

チェックポイントは舗装路・未舗装路問わず走行可能で、通勤から週末ライドまで1台で全てをこなすことのできるグラベルロードです。そんなチェックポイントに、いかなる環境・路面でも対応できるように、コンポーネント:シマノ105・油圧ディクスブレーキを搭載したのが、チェックポイントALR5です。しかし、グラベルロードってよく分からない!という方もいらっしゃると思いますので、「グラベルロードとは」と、「チェックポイントALR5」を解説していきます。

グラベルロードとは

グラベルロードの「グラベル」とは、砂利道という意味で、砂利道でも走れるロードとなります。

日本では、未舗装路の方が少なくロードバイクで困ることはあまりありません。しかし、アメリカなど海外では、砂利道などの未舗装路がずっと続く道が結構あり、「グラベルロード」というジャンルが絶大な人気を誇っています。

とはいえ、日本でもグラベルロードバイクは活躍します。ロードバイクのように長距離を走りやすいようにドロップハンドルを備え、装着されている太めのタイヤにより、舗装路以外にも林道や砂利道、河川敷なども走行可能です。スパイクタイヤも装着可能ですので雪上も走ることができます。

通常の道路の他、林道や砂利道、河川敷などを走りたい方、通勤から長距離のツーリングまで1台でこなしたい方、スパイクタイヤに変えて雪上を走りたい方におすすめのジャンルです。

チェックポイントとは

いかなる路面にも挑める万能性と対応性を備えたグラベルロードとして開発されたチェックポイント。そのチェックポイントはカーボンモデルが1種類、アルミモデルが4種類あります。そのアルミモデルの中でも、丈夫で軽量なフレームに、コンポーネント:105、油圧ディスクブレーキを装備した、チェックポイントALR5を解説していきます。

フレーム素材:アルファ300アルミニウム

軽量高剛性なアルミニウムフレームを実現するために新たに自社開発した、アルミニウム合金アルファ300アルミニウムを採用。高い強度を持ちつつ超軽量になっています。またしなやかで身体に伝わる振動もマイルドになっています。

フロントフォーク:カーボン

カーボン素材は、軽いだけではなく振動吸収性に優れています。

フロントフォークにカーボンを採用することにより、路面からの振動を吸収してくれ、手や腕のしびれを軽減してくれ、身体への負担も減らしますので乗り心地が良くなります。

ストラングルホールド・ドロップアウト

ストラングホールドは、トレック独自のスライド式ドロップアウトで、チェーンステー長を15㎜前後に調整でき、走行性能を変える事ができます。

ストラングルホールドを前に調整すると、チェーンステー長が短くなり、機敏なハンドリングが実現できます。タイトなコーナーリングに最適です。

ストラングルホールドを後ろに調整すると、チェーンステー長が長くなり、安定性と快適性が高くなります。長距離のツーリングや締まってない路面に最適です。

コンポーネント:シマノ 105

コンポーネント(変速機など)に変速の正確さや耐久性に定評のあるシマノ 105(2×11速)が採用されています。

油圧ディスクブレーキ

油圧ディスクブレーキも小型で軽量なシマノ105が採用され、悪天候時や長い下りなど抜群の制動力で安心です。

グラベルタイヤ700x35c

700x35cのグラベルタイヤ装着により、舗装路も快適に乗れる上、砂利道や林道などの未舗装路でも高い安定性とトラクションが得られます。

キャリア・フェンダー・多数のボトルケージが取り付け可能

フレームに多数の取付用ダボ穴がありますので、荷物を載せるキャリア、フェンダー(泥除け)、最大4つまでのボトルケージが取付可能となっています。(ダウンチューブ下にもボトルケージが付けられます。)

何日か泊りの長距離ツーリングなども楽しむことができます。

生涯保証

チェックポイントALR5ももちろん業界最高の生涯保証の対象です。製造上の不具合を生涯にわたって保証するトレック独自のプログラムは、トレックの製品に対する開発力と高いクオリティの自信です。

通勤からツーリングに使い倒す

丈夫で軽量なフレームに抜群の制動力の油圧ブレーキが搭載されたバイクですので、私なら、キャリア・フェンダー・ボトルケージなどを装備して、普段は通勤、お休みの日はロングツーリングに使い倒します。

何日か休みが取れれば、気仙沼市の大島に泊りで行きたいです。仙台から片道約140㎞ですので、大島に行って、島を走って泊まる、というのが距離的にも良さそうです。

こんなあなたにおすすめ

チェックポイントALR5は丈夫で軽量なフレームに、コンポーネント:105・油圧ディスクブレーキを搭載し、35cの太めのタイヤを装着した舗装路・未舗装路問わず走行できるグラベルロードバイクです。

悪天候でも乗れますし、キャリアやフェンダーなども取付できますので、毎日の通勤から、週末のツーリングなど1台でいろんなライドに使い倒したい方におすすめです。

また、ストラングルホールドを後ろに調整してチェーンステー長を長くすると、太めのタイヤが装備されているのもあり、非常に安定して乗ることができますので、はじめてのロードバイクの方にもおすすめです。

サイズ選びとフィッティングについて

ロードバイク(もちろんグラベルロードも含みます)では、バイクサイズとハンドル・サドル位置調整・バイクに乗る姿勢などのポジションが重要となっています。

サイクルストアファーストでは、ロードバイクに精通したスタッフがひとりひとりに合わせた最適なサイズをお選びいたします。また納車時はもちろん、納車後のポジション調整も行っています。

ロードバイクはポジションが重要なのは分かっているけど、ちゃんとポジション調整できるお店なのか心配!という方も多いのではないでしょうか?

サイクルストアファーストの成田は、全国的にも有名な専門店で修行し、自身も長年自転車にのっているサイクリストですので、どんなことでもご相談ください。

 

仕様

フレーム

300 Series Alpha Aluminum, tapered head tube, BB86.5, flat mount disc brakes, Stranglehold dropouts, 12mm thru axle, Control Freak, internal cable routing, 3S chain keeper

フォーク

Checkpoint carbon disc, alloy tapered steerer, flat mount disc brakes, rack mounts, hidden fender mounts, 12mm thru axle

フロントハブ

Bontrager alloy sealed bearing, 12mm alloy axle, centerlock

リアハブ

Bontrager alloy sealed bearing, 12mm alloy axle, centerlock

リム

Bontrager Tubeless Ready

タイヤ

Bontrager GR1 Comp, 60tpi, wire bead, 700x40c

最大タイヤサイズ

45cのボントレガータイヤ(49と52cmでは、つま先がタイヤと重なるため40cまで)、フレームとのクリアランスは最低4mm

シフター

Shimano 105, 11 speed

フロントディレーラー

Shimano 105

リアディレイラー

Shimano 105

クランク

Shimano 105, 50/34 (compact)

BB

Shimano press-fit

カセット(スプロケット)

Shimano HG800, 11-34, 11 speed

チェーン

Shimano HG600, 11 speed

ペダル

付属いたしません

サドル

Bontrager Montrose Comp

シートポスト

Bontrager Approved, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset

ハンドルバー

Bontrager RL IsoZone VR-CF, 31.8mm

グリップ

Bontrager tape

ステム

Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts

ヘッドセット

Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8˝ top, 1.5˝ bottom

ブレーキセット

Shimano BR-R7070 flat mount hydraulic disc

重量

56 – 10.05 kg / 22.16 lbs

カラー

Volt Green

価格

¥213.000(税別)

関連記事

  1. トレック・ドマーネ AL2
  2. 2019トレックエモンダALR
  3. トレック マドン SL6 ディスク
PAGE TOP