室内トレーンングの他、レース会場などでのアップにおすすめ!|フィードバックスポーツ ポータブルバイクトレーナー

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

普段のトレーニングとしてトレーナーをお持ちの方も多いかと思いますが、いろいろな種類があり、どれを選んで良いか分からない!というかたも多いかと思います。

トレーナーは用途に応じて選ぶ必要がありますが、今回は、軽量・コンパクト、素早くセッティング・格納が可能、フロント固定なので、トレーナーにバイクをセットするのも簡単!という「FEEDBACK SPORTS PORTABLE BIKE TRAINER(フィードバックスポーツ バイク トレーナー)」をご紹介いたします。

「FEEDBACK SPORTS PORTABLE BIKE TRAINER(フィードバックスポーツ バイク トレーナー)」

フィードバックスポーツは、世界を転戦するプロツアーやワールドカップにおいて世界中のプロメカニックたちから15年以上の長きに渡って愛用され続けてきたワークスタンドに定評のあるアメリカンブランドです。

今回ご紹介する「ポータブルバイクトレーナー」は、フィードバックスポーツらしい、素早く展開・セッティング、格納が可能で、軽量・コンパクトながら、しっかりした安定性・静粛性を備えたトレーナーとなっています。

フロントホイールを外してフォークをトレーナーに固定するタイプで、リアホイールの脱着をしなくて良く、トレーナーにバイクをセッティングするのが素早く簡単にできます。

また、フロントの固定位置をホイールサイズによって上下できるので、ロードバイクの他、MTBにも使用できます。

アクスルコンバーター・クイックシャフトが付属で、9㎜QR、12×100・15×100・15×110 スルーアクスルに対応できます。

ディスクブレーキバイクはブレーキ本体にパッドスペーサーの装着を忘れないようにしましょう。

今回使用したバイクは12速ですが、リアホイールを外すことがありませんので、スマートトレーナーのようにスプロケットの段数・歯数を気にすることもありません。

リアホイールの設置する2本のローラーには、通常の3本ローラーと異なり、マグネット式の負荷装置が設けられています。

回転が上がると負荷がかかるようになっています。

私の個人的な使用感ですが、ケイデンス100を超えると負荷がかかってくる感じです。

また、通常の3本ローラーより静粛性が高いです。

パソコンとANT+・Bluetoothで接続できるスピード・ケイデンスセンサーがあれば、ズイフトもできます。

トレーナー本体はコンパクトに格納でき、付属のバックに収納できます。

格納時のサイズは、654㎜x184㎜x206㎜とコンパクトで、部屋の中でも場所をとらず、車に積むときもスペースをとりません。

また、重量も約6kgと軽量ですので、レース会場などにも楽に持っていけます。

価格は、¥60.500(税別¥55.000)となっています。

まとめ

ズイフトと連動する負荷装置などは無いので、ズイフトメインで使用したい方にはスマートトレーナーがおすすめですが、室内トレーニングの他、レース会場でのアップなどにも使用したい方におすすめです。

また、バイクをトレーナーに簡単にセッティングしたい、トレーナーをコンパクトに収納したい方にもおすすめです。

サイクルストアファーストの店頭には、「フィードバックスポーツ バイク トレーナー」のデモ機があり、実際に格納・セッティングをしてみたり、使い方の確認をしていただけます。

また、メーカーに在庫があれば、ご注文から最短2日で入荷できます。ちなみに1/8現在でメーカーに在庫がございますので、気になった方はサイクルストアファーストまでお問い合わせください!

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
  2. FX3とFX3ディスク
  3. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
PAGE TOP