ボントレガー TLRフラッシュ チャージャー|チューブレスタイヤの装着におすすめ

こんにちは。仙台市若林区荒井のトレックのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクをメインにあつかうスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

快適性の良さやグリップの高さ、低い転がり抵抗など、クリンチャータイヤやチューブラータイヤに比べ多くのメリットがあるチューブレスタイヤ。その一方で、ホイールへの装着の難しさなどで導入を断念されている方も多いかと思います。

今回ご紹介するボントレガーのフロアポンプ「TLRフラッシュ チャージャー」は、そんなデメリットを解消するアイテムとなっています。

そして今回、このフロアポンプを購入&ご協力いただいたT様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

チューブレスタイヤの苦労

マウンテンバイクやシクロクロスではスタンダードとなっており、ロードバイクでもじわっと広がりを見せるチューブレスタイヤ。快適性の良さやグリップの高さ、低い転がり抵抗など、確実なメリットがある一方で、リムとタイヤの嵌め込みが硬くて大変だったり、リムにタイヤを嵌め込んだが、空気を入れるとリムとタイヤの間から空気が漏れて、タイヤのビードが上がらない、と苦労された方も多いのでは無いでしょうか?

自転車ショップでは、コンプレッサーを用いて一気に空気を入れ、タイヤのビードを上げるのですが、なかなかコンプレッサーをご家庭で用意するのは現実的では無いかもしれません。そこで、今回ご紹介するフロアポンプは、チューブレスタイヤのビードを上げる作業に悩んでいた方に朗報かと思います。

TLRフラッシュ チャージャー

こちらのポンプのしくみは、太いタンクのなかにポンピングして圧縮した空気を溜め、その圧縮した空気をタイヤに一気に充填するようになっています。手動コンプレッサーとも言えそうです。

本体はアルミ製ですが、太いタンクがあるため、通常のフロアポンプに比べやや重くなっています。しかし、その分安定感がありポンピングがしやすくなっています。さらに、ポンピングも軽く、高い空気圧でも簡単に入りますので、力が弱いお子さんや女性の方など、通常のタイヤを空気に入れる作業も楽になります。

160PSIまで簡単に空気が溜められます。

タンクに溜めた空気をこの赤いレバーで一気に開放します。

価格

¥14.722(税別)

実際の作業について

タイヤとリムの相性もありますが、相性が良ければ簡単にタイヤのビードはあがります。相性が良くなく、タイヤとリムから空気が漏れる場合は、シーラントやビードクリーム・石鹸水などの用意が必要です。

まとめ

「TLRフラッシュ チャージャー」はチューブレスタイヤはもちろん、通常の空気入れとしても使いやすいです。

フロアポンプの他にも、チューブレスタイヤにチャレンジしてみたい方も、サイクルストアファーストまでご相談ください。

関連記事

  1. ドマーネAL3
PAGE TOP