e-bikeで通勤してみました|ヴァーブプラス

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

スポーツ自転車に興味はあるけど、体力的に不安・・・。など、なかなか一歩踏み出せない方も多いのでは無いでしょうか?そんな方におすすめなのがe-bike(イーバイク)と呼ばれる電動アシスト自転車です。

e-bikeは、通勤やサイクリングなどで使用している方が多いのですが、特に止まった状態からの漕ぎ出しや、坂道の登りで威力を発揮します。

本日は、トレックのe-bike「ヴァーブプラス」で通勤をしてみましたので、ご参考にしていただければと思います。

ルート設定

私が住んでいる多賀城から仙台市若林区荒井のファーストまで、一番近いルートで8㎞です。しかし、交通量の少ないルートを選びたいので、車通りの無いサイクリングロードをできるだけ通るルートで設定しました。

私の自宅近くのセブンイレブン多賀城新田店スタートで、七北田川沿いのサイクリングロードを通って、なるべく交通量の少ないルートを設定しました。

この地図では分かりずらいですが、ほぼ車通りの無いルートとなり、距離は約10㎞です。

服装・持ち物

まずはバイクですが、ヴァーブプラスはライトが前後装着されていますので、バイク以外で必要な用品は、ロック(鍵)くらいです。

できれば、丈夫な耐パンクタイヤが装着されていますが、チューブ交換できる装備を用意するとなお可です。

あとは、バッテリーを充電しておく位です。充電時間は、フル充電で2.5時間です。

そして服装です。ちなみに本日は、11月初めの朝8時の時点で、気温は15℃と少し寒い位です。

上から、

・ヘルメット

・サングラス

・パーカー

・グローブ(手袋)

・チノパン

・スニーカー

です。

バックの中身は、自転車のロック・財布・ケータイ・弁当・ドリンク・タオル・替えのTシャツといったところです。

スタート

私の自宅近くのセブンイレブンです。

コーヒーを飲んで出発です。

サイクリングロード

出発して少し進むと七北田川沿いのサイクリングロードに入ります。一応、サイクリングロードは歩行者優先ですので、気を付けながら走行します。

ヴァーブプラスは、アシストレベルが4段階、さらに9段変速ありますので、楽に進みます。

e-bikeは、アシストされる速度が25㎞までと決まっていますが、ヴァーブプラスは本格的なスポーツ自転車ですので、25㎞を超えアシストが切れてもスイスイ進みます。

ちなみに安全のため前後ライトを点けて走行しています。

途中の七北田川

七北田川を見ながら走っていると白鳥がいましたので1枚撮りました。

気の向くまま、停まって写真を撮ったり休憩できるのも、自転車のよい所かと思います。

坂道

今回のルートはほぼフラットコースですが、サイクリングロードへの入り口や、橋への接続場所など、ちょっとした坂道が何か所かあります。写真の場所も、20m位の距離の登りですが地味に辛いです。

しかし、e-bikeはアシストしてくれるので、らくらくです!特に息も上がらずクリアできます。

ファースト到着

約10㎞の距離を走り切り無事ファースト到着です。

時間はゆっくり走って約40分です。

夜間走行

ちなみに通勤で自転車に乗ると、帰りは夜間走行になる方がほとんどかと思います。

しかし、ヴァーブプラスは明るいライトが前後に装着されています。

街灯の無い所を照らした状態です。かなり明るく、安全に走行できます。

まとめ

本日の通勤は、10㎞の距離で40分位の時間でした。停まって写真を撮ったり休憩をしなければ、もう少し時間短縮できそうです。車やオートバイでの通勤と比べて、時間的には変わらない位か、少し早い位です。

また、バッテリーの消費ですが、あまり消費しておらず、本日の走行の感じでは、往復20㎞位でしたら、4~5日に1回充電する感じで良さそうです。最大レベルのアシストにしても、3日に1回の充電で良さそうです。

そして今回はe-bikeという事で、汗をかかずに通勤!と思いましたが、実際汗はかきました(笑) しかし、あまり高負荷ではないので、効率の良い有酸素運動とも言えそうです。

職場に駐輪場の有無・出社時の服装など、自転車通勤できる条件もあるかと思いますが、e-bikeなら、自転車通勤の敷居も下がるのでは無いでしょうか。

トレックには、3種類のクロスバイク・2種類のマウンテンバイクのe-bikeがラインナップされています。

住んでいる環境・通勤環境などにより選ぶバイクも変わってくるかと思います。ぜひサイクルストアファーストまでご相談ください。

 

 

関連記事

PAGE TOP