2024年 リドレー ヘリウムSLX ディスク(フレームセット)

ワールドツアーを走るプロ選手が、山岳ステージで勝てるよう開発されたのが「ヘリウム(Helium)」です。

ヘリウムSLX ディスク(helium SLX Disc)は、リドレーの軽量オールラウンドバイクのハイエンドモデルです。

2024年 ヘリウムSLX ディスク(Helium SLX Disc)

「ヘリウム(Helium)」は、ワールドツアーを走るプロ選手が、山岳ステージで勝てるよう開発されました。

ヘリウムSLX ディスク(helium SLX Disc)は、フレーム素材に60T/40T/30T HM UDカーボンを適材適所にレイアップし、細見のラウンドチューブ形状を採用することにより、軽量かつ高剛性なフレームとなっています。

軽さと剛性を最適化させたダウンチューブ

ダウンチューブはヘッドチューブ側からBBエリアに向けて、縦方向から横方向に変形するテーパー形状を採用することで軽さと剛性を最適化しています。

ケーブル類の内装化

ケーブル類を内装するF-steerer採用によりハンドル周りがスッキリしました。

このシステムによりコクピットで発生する空気抵抗を低減します。

ブリッジを残したシートステー

上下に薄く扁平し極限までシェイプされたシートステーは振動吸収性を向上させ、ブリッジを残すことで横方向の剛性を最適化しています。

振動吸収性の高いフォーク

フォークエンド部をオフセットすることで振動吸収性をもたせ、高剛性で軽やかなハンドリングを実現しています。

左右非対称チェーンステー

左右非対称のチェーンステーにより、ディスクブレーキの制動力に対応した剛性と安定したトラクション性能を実現しています。

剛性と振動吸収性を最適化したトップチューブ

トップチューブはヘッドチューブ側からシートポスト側に向けて細くなるテーパー形状を採用することで剛性と振動吸収性を最適化しています。

こんなあなたにおすすめ

ヘリウムSLX ディスクは、山岳ステージで勝利できるよう開発されたオールラウンドバイクのハイエンドモデルです。

超軽量フレームですので、軽量ホイールと組み合わせると、そのままヒルクライムのレースで上位を狙えるバイクとなります。

ヒルクライムやロードレースに使用したい方、軽量パーツを使用して軽いバイクを作り上げたい方、ハイエンドバイクを所有したい方におすすめです。

フェニックスSLX ディスク フレームスペック

フレーム 60T / 40T / 30T HM UDカーボン
フォーク フルカーボン
フレーム重量 775g(XXS) / 785g(XS) / 805g(S) / 825g(M) / 875g(L)
フォーク重量 355g (コラム長300mm)
ヘッドセット 1-1/8(45×45°)/ 1-1/4(45×45°) ACB
ボトムブラケット PF30 (46x68mm)
ブレーキ フラットマウント (フレーム厚20mm)
ディスクブレーキローター 140/160mm 対応
シートポスト 27.2mm
シートクランプ 31.2mm (SPCSNG4ZA015)
最大タイヤ幅 28mm (700c)
フロントディレイラー 直付
リアディレイラー(ハンガー) HAARCERID041
スルーアクスル(フロント) 12x100mm (L120mm/P1.5/スレッド長12mm)
スルーアクスル(リア) 12x142mm (L164mm/P1.5/スレッド長18mm)
コラムスペーサー 39mm ※ステム下の最大スペーサー量
体重制限 110kg ※車体を含む総重量

カラー

Violet Blue

Battleship Grey

価格

フレームセット ¥440.000(税込)

BIKECLAFT(通常の完成車とは違い、好きなパーツやサイズを選びながら組み上げるパーツキットです)

SHIMANO DURA-ACER9250 Di2 876,700円(税込)
SHIMANO ULTEGRAR8150 Di2 698,500円(税込)
SHIMANO 105R7150 Di2 619,300円(税込)
R7100 544,500円(税込)

※ホイール・バーテープ・BBなど金額に含まれないパーツがあります。

バイククラフトの詳細はこちら

関連記事

  1. トレック・マドン SL6
最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
PAGE TOP