トレック マドン SLR6 ディスク インプレ Vol.1

新車のマドン・SLR 6 ディスクで初の100キロライド

こんにちは!仙台市若林区のロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク専門店「サイクルストア ファースト」です!

先週の水曜日に、店休日を利用して、MADONE SL6DISCで100kmのロングライドを行いました。
今回はファースト出発で亘理・山元方面に行きます。

2月にしては気温が高く風もあまりないサイクリング日和です。

IsoSpeedの調整のために4mmアレンキーを持参

ファーストを出発します。

ちなみに今回はこれを持っていきました。

4mmのアーレンキーです。

マドン SLRには調整式ISOスピードが搭載されており、トップチューブの下のスライダーを変更することで好みの乗り心地に調整できます。アーレンキー1本で変えられます。

少し走ってはスライダー位置を変えて、を繰り返しアップダウンや路面の段差・ダンシングのバイクを振ったときの違いなどを確かめてみました。

スライダーを前に移動させると

スライダー位置を前に移動したときは、シートチューブがしなり振動吸収性が明らかに良いです。路面からの突き上げがマイルドで身体への負担が少ないです。

スライダーを後ろに移動させると

スライダー位置を後ろに移動すると、シートチューブのしなりがすくなくなり、バイク全体が硬く感じられます。しかし不快な振動では無く、バイクそのものの剛性の良さによりペダルをまわしたときに力が逃げない感じで、ダンシングのバイクを振ったときの反応の良さを感じました。

スライダーをどの位置にしても、BB周りの剛性の良さとバイク全体のバランスの良さにより、乗り心地が良いのによく進むバイク!と感じました。

亘理町の荒浜にぎわい回廊商店街に到着

そして第一の目的地に到着です。

亘理町の荒浜にぎわい回廊商店街です。

私はミックスフライ定食をいただきましたが、海鮮系メニューが豊富で有名です。

ロングライドでマドンSLR 6 ディスクの実力を確かめる

この後、もう少し距離を伸ばすため山元町方面に進みます。マドンSLRの乗り心地が良いのは分かっていましたが、ロングで走ったときの実力を確かめたかったのです。

ある程度すすむと女性サイクリストに遭遇!

Sさんです。まさか山元町で知っている方に合うとは。嬉しいサプライズです。せっかくなので一緒にライドさせていただきました。
帰る方向も一緒でしたので、ファーストの近くまで一緒に走っていただきました。

そしてファースト到着!

ちょうど100kmとなりました。今回のコースです。

1回目のロングライドを終えて

マドンSLRに装着されているホイール・タイヤ・サドルが良いのもありますが、身体の疲労が少なく、お尻も全然痛くありませんでした。

印象的なのは、エアロフレームなのですが驚異的な乗り心地の良さと、ハイエンドモデルらしい剛性の高さ・反応の良さを感じました。またよく進み、30㎞位からのスピード域の安定の良さとスピード維持の楽さに感動を覚えました。私が今まで乗ったバイクの中で一番テンションの上がるバイクです。

ISOスピードのスライダー調整により、ライダーの体重やコースレイアウト・距離など自分好みのバイクに仕上げられますので、エアロロードバイクですがオールラウンドに使えます。
マドンSLRは私が自信を持ってお勧めできるバイクです。

こちらのMADONE SLR6 DISCは常にファーストに置いてありますので試乗可能です。
サイズは52です。ぜひ試乗してマドンSLRの良さを体感してください!

関連記事

  1. 2019トレックエモンダALR
  2. トレック マドン SL6 ディスク
PAGE TOP