ブレーキパッドの残り溝大丈夫ですか?

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

先日、私の乗っているバイクの洗車作業中に、ブレーキパッドの溝が無くなっているのを確認しました。

そこで今回はブレーキパッド交換についてです。

ブレーキパッドの交換

写真では分かりにくいですが、残り溝1~2分といったところです。今回は2000㎞位の走行でしたが、下り坂や雨天走行が多かったので、パッドの減りが速かったかもしれません。

 

 

こちらが新品パッドと減ったパッドです。

新品パッドに交換した状態です。

パッドの溝チェック

リムブレーキバイクのブレーキシューの残り溝の確認に比べ、ディスクブレーキバイクはブレーキパッドの残り溝の確認がし難くなっていますが、マメにチェックしましょう。ちゃんと確認するなら、ホイールを外してブレーキ本体からパッドを外して確認するのがベストです。

サイクルストアファーストでは、バイク点検時・洗車調整時にブレーキパッドのチェックをしており、バイクお渡し時に状態をお話ししておりますが、乗っているバイクのブレーキパッドの状態が不安な方はご相談ください。

まとめ

下り坂の走行が多い方(多く登っているという事ですね)や雨の日の走行が多い方は、ブレーキパッドは減りやすいです。

そして、ブレーキパッドが減った状態での走行は、ブレーキローターを傷める可能性が高くなり、なによりブレーキが急に効かなくなる可能性があり危険です。

ブレーキパッドはマメにチェックしましょう。判断に困った場合はいつでもサイクルストアファーストにご相談ください。

 

 

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
  2. FX3とFX3ディスク
  3. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
PAGE TOP