2020 プロキャリバー9.6|SSCによる組立とバイクの特徴

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

本日は、「トレック プロキャリバー9.6」をH様にご注文いただき、組立&納車をさせていただきましたので、SSCによる組立とバイクの特徴をご紹介をします。

プロキャリバー9.6のSSCによる組立

バイクは7部組で梱包されて入荷します。

SSCによる組立は、ここから全てのパーツを外して組み立てていきます。

SSCの組立の詳細はこちら

写真はパーツを外した状態です。ここから更にワイヤー・リアディレーラー・なども外してフレームだけの状態にします。

今回はワコーズ バリアスコートにてコーティングしました。

ワコーズ バリアスコートの詳細はこちら

外したネジは全てグリスを付けて締め直しします。ネジの締める場所によってグリスを4種類使い分けています。

ロックショックス製100㎜トラベルフォークです。体重に合わせて(硬さの好みや使用する環境によっても変わりますが)エアー圧を調整します。

タイヤはボントレガーXR2が純正でついてきますが、今回はH様の希望でマキシスのタイヤに変え、チューブレスにしました。

ちなみに純正のボントレガーのホイールはチューブレスレディに対応ホイール(TLR)ですので、今回は専用リムフラップと専用バルブを使用し、そのままチューブレスとして使用しました。

完成です。

プロキャリバー9.6は、マウンテンバイクとしては非常に軽いです。カタログ値でMサイズ- 11.05 kg(チューブ付き)となっています。実際持つと明らかに軽いです。

プロキャリバー9.6の特徴

「トレック プロキャリバー9.6」は、トレイルの振動を和らげるISO(アイソ)スピード搭載で、軽量で丈夫なOCLVマウンテンカーボンを採用したハードテイルバイクです。

ワイドなギア比のシマノXT/SLX 12速ドライブトレイン搭載、ロックショックス RECON GOLDフォークを採用し、シングルトラックを速く効率よく走ることができるスペックとなっています。

OCLVマウンテンカーボン

トレックの誇るOCLVカーボンを、軽量なまま更に丈夫に開発した「OCLVマウンテンカーボン」を採用しています。

こちらのカーボンはアルミニウムや他のカーボン素材より耐衝撃に強くなっています。

カーボンアーマー

ダウンチューブについている弾性パーツの「カーボンアーマー」。フレームを鋭利な衝撃より守り、丈夫なカーボンフレームを更に守ります。

ISO(アイソ)スピード搭載

「ISO(アイソ)スピード」は、ロードバイクのDOMANEでお馴染みですが、シートチューブが独立してしなる設計となっており、トレイルの振動を緩和してくれ、路面追従性が高くなっているので、ハードテイルバイクとは思えないほどリアがグリップしやすくなっています。

ワイドなギア比のシマノXT/SLX 12速ドライブトレイン搭載

10-51という超ワイドなギア比の12速スプロケット採用によりシングルトラックも効率よく走ることができます。

 

また、シマノXT/SLX 12速ドライブトレイン採用で、変速もキビキビとストレスなく変わります。

チェーンガード

しっかりしたチェーンガードが付いています。

油圧ブレーキ

今やマウンテンバイクでは当たり前となった油圧ディスクブレーキ。フロントは180㎜・リアは160㎜のローターで、ブレーキコントロールがしやすく、しっかりブレーキが効きます。

まとめ

「トレック プロキャリバー9.6」をご注文いただき、納車させていただいたH様ありがとうございました。

「トレック プロキャリバー9.6」は、シングルトラックを効率よく走ることができる、軽量なカーボンハードテイルバイクです。スペックが良くコストパフォーマンスが高いので、よりトレイルライドを楽しみたい方やレースで結果を出したい方におすすめです。

こちらのバイクは非常に人気で、ただいまメーカー在庫も無い状態ですが、予約注文可能です。

マウンテンバイクをご検討の方はサイクルストアファーストまでご相談ください。

関連記事

PAGE TOP