究極のロードホイール|ボントレガー アイオロスRSL37 TLRディスク

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

昨年6月に発表となった、ボントレガーのハイエンドモデル「Aeolus RSL37 TLR DISC(アイオロス RSL37 TLRディスク)」!

このホイールを上回るスペックのホイールがなかなか他メーカーでも見当たらない位の究極のホイールとなっていますが、今回はその実力に迫っていきます。

Aeolus RSL37 TLR DISC(アイオロス RSL37 TLRディスク)

アイオロスRSL37TLRディスクは、昨年の6月に発表になったトレック NEWエモンダと同時開発されたホイールで、軽さ、速さ、安定性をバランスよく実現した究極のホイールとなっています。

オールラウンドに使用できるリムハイト37㎜ながら、OCLV RSLカーボンを採用することで前後重量1325gの超軽量ホイールに仕上がっています。さらに、ハブにDT SWISS のRATCHET EXPを採用しており、最強のオールラウンドホイールとなっています。

OCLV RSLカーボン

リムの素材にはトレック独自開発のOCLV RSLカーボンが採用されています。

OCLV RSLカーボンは、軽くて強度に優れ、リムハイト37㎜でも超軽量なホイールを実現しました。

リム幅は、外幅28㎜・内幅21㎜となっています。

リムハイト37㎜

オールランドに使用できる37㎜のリムハイトとなっています。

この高さのリムハイトにより、平地巡航速度を上げたり維持がしやすくなっています。またアイオロスRSL37TLRディスクは、風洞実験などにより横風の抵抗も最小限に抑えたリム形状となっていて、37㎜ハイトでも安定して走行ができます。

そして、超軽量ホイールですので、ヒルクライムなどでもスイスイと登ってくれます。

ヒルクライム・クリテリウム・ロードレースなど、どんなシチュエーションでも速さと安定性を発揮するオールラウンドに使用できるホイールとなっています。

前後重量1325g

ホイール重量は、フロント600g・リア725gの前後重量1325gとなっています。

軽さと強度に優れるOCLV RSLカーボンにより実現した重量なのです。

DT SWISS のRATCHET EXP

ハブには軽量で回転の良く、耐久性も高いDT Swissが採用されています。

DT Swiss 240の内部構造にRATCHET EXP 36 フリーハブを備えた超軽量ハブとなっています。

RATCHET EXPは部品点数を少なくし、より軽量になりました。

スターラチェットは、全ての歯が同時にかみ合い、リングナットに面でパワーを伝えます。踏み込んだパワーが効率良く駆動力に変換します。

実際に乗ると、ペダルを踏みこんだ時の反応の良さと、集団内や下りなど足を止めた時などで、とてもスムーズに進むのが分かります。

フリーボディはシマノ/スラムの10/11速ですが、別売りでスラムやカンパの12速などのフリーボディも対応できます。

充実の保証

ボントレガーのカーボンホイールは充実の保証内容となっています。

カーボンリムが生涯保証 最初の購入者に限り、通常使用時に製造上の欠陥を生涯に渡って保証されます。

カーボンケアプログラム 最初の購入者に限り、2年以内のライド中に壊してしまっても、無償でホイールを交換・または無償修理してもらえます。

アイオロスRSL37 TLRディスク スペック

  フロント リア
タイプ クリンチャー/チューブレスレディ クリンチャー/チューブレスレディ
フリーボディ Shimano/SRAM Road 9/10/11速
ハブ幅 100㎜ 142㎜
ブレーキタイプ センターロック センターロック
アタッチメント スルーアクスル スルーアクスル
重量 600g 725g

価格

¥294.500(税込¥323.950)

まとめ

「アイオロスRSL37 TLRディスク」は、軽さ、速さ、安定性をバランスよく実現した究極のホイールです。

さらに安心の充実保証付きですので、ホイールのアップグレードを検討されている方は、「アイオロスRSL37 TLRディスク」がおすすめです。

ホイールご検討中の方はサイクルストアファーストまでご相談ください。

 

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
  2. FX3とFX3ディスク
  3. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
PAGE TOP