10/13㈬ファーストソロライド|秋田・矢島(鳥海山)

仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

本日は店休日を利用して、矢島カップ 鳥海バイシクルクラシックのコースを走りたくて、秋田・矢島(鳥海山)に遠征してきました。

8時半・矢島駅前スタート

この日宮城県は雨で、秋田県・矢島にくるまでずっと雨でしたが、矢島は曇りで路面も濡れていませんでした。

矢島までは、車で仙台から、高速を使っても下道を来てもだいたい3時間前後(高速を使うと少し速いです。)といったところです。

矢島駅は、写真のようにカラフルなカワイイ電車が走っています。

8時半、出発です。

矢島カップゴール地点到着

アップダウンを繰り返しながら登るのですが、約1時間40分かけてゴール地点到着です。

ここのコースは、矢島カップで速い方は1時間位で登ってしまうので、私はそのタイムは無理にしても、もう少し頑張らなくてはと思います(笑)

紅葉も始まっていて、頂上からの景色が良かったです。

下山(帰路)

下山は冷えるので、ジレを着て下ります。

矢島カップのコースは細い道路が結構あるので、ブレーキをしっかりかけて下りました。

お昼前に矢島駅前に到着です。

お昼ごはん

走行後は、矢島駅前の多賀部食堂に入りました。

焼肉定食をいただきました。

走行ルート

58㎞走行、獲得標高1374mでした。

登り区間はちゃんとあるのですが、勾配が緩んだり、下り区間もあるので、ちゃんと休む区間があります。とはいえキツいヒルクライムコースであることに変わりないですが・・・(笑)

まとめ

仙台からですと片道約3時間かかりますが、車も少なく走りやすいコースです。

ここ2年間は矢島カップ 鳥海バイシクルクラシックは開催できていませんが、非常に良い所ですので、興味のある方はぜひ行ってみてください。

ちなみにコース途中より上は、11月8日より冬季道路閉鎖となるようですので、行かれる方は事前に確認されると良いと思います。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
  2. FX3とFX3ディスク
  3. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
PAGE TOP