トレック エモンダALRの人気の秘密を解説

こんにちは!仙台市若林区のスポーツバイク専門店「サイクルストア ファースト」です!今回のブログは、ベストセラーのアルミロードバイク「トレック・エモンダALR」を解説していきます。

エモンダALRとは

2019トレックエモンダALR

業界最大である150人を超える開発エンジニアを擁するトレック。そのトレックが、テクノロジーの粋を集めて完成させたアルミロードバイクのフラッグシップモデルがエモンダALRです。

超軽量設計の裏側には、自社開発したアルミニウム新素材「300シリーズアルファアルミニウム」の採用や、三次元解析により導き出された最適な設計、カーボンフレームのようにスムーズで美しい仕上げの溶接技術「インビジブル・ウェルド・テクノロジー」そしてエンジニアたちへのバイク作りへの情熱が注がれています。

シリーズ2代目となる2019年モデルは、初代でも評判の高かったフレームをフルモデルチェンジ。更にディスクブレーキ仕様の「エモンダALR5ディスク」が追加されました。

300シリーズアルファアルミニウム

2019トレックエモンダALR_フレーム素材

軽量高剛性なアルミニウムフレームを実現するために新たに自社開発した、エモンダALRシリーズだけのアルミニウム合金アルファ300アルミニウムを採用。素材面からも他のバイクを圧倒する性能を備えています。

ハイドロフォーミングによる美しいフレーム

2019トレックエモンダALR_きれいな溶接跡

液圧成形によるハイドロフォーミング製法でそれぞれのフレームサイズに合わせて正確に整形されたチューブと、精度の高さによってこそ実現したカーボンフレームのようにスムーズで美しい仕上げの溶接技術「インビジブル・ウェルド・テクノロジー」により、また上位機種でも採用されている左右非対称のダウンチューブ形状は、剛性の最適化を行うとともに、ドライブトレインへの影響を最小限に抑え、伝達性を実現しました。

インビジブル・ウェルド・テクノロジー

2019トレックエモンダALR_H2フィット

カーボンフレームのようにスムーズで美しい仕上げの溶接技術「インビジブル・ウェルド(目に見えない溶接)・テクノロジー」により、アルミニウムの常識を覆すクリーンな溶接仕上げを実現。2度の溶接を施すことで、見た目だけでなく設計通りの最適な応力分布を実現。走りの性能はもちろん、劇的な軽さも手に入れました。

BB 86.5

軽量高剛性でありながら、メンテナンスにも優れるBB86.5規格を採用。シマノ純正のクランク装着が可能なスピンドル系の設計により、変速性能を犠牲にしていません。

H2フィット

フレームジオメトリーには、トレックが長年培ってきたH2ジオメトリーを採用。平均的な柔軟性のライダーに最もふさわしいH2フィットは、無駄にスペーサーを必要としないこのヘッドチューブ長は、高いコントロール性や見た目の美しさを可能にしています。世界トップのプロツアーチーム「トレック・セガフレード」所属の別府史之選手もH2フィットのバイクを使用しています。

エモンダ・カーボン・テーパードステアラー・フォーク

走りの質を大きく左右するフロントフォークには、上位カーボンモデルのエモンダSLと同様のフルカーボンのE2テーパードフォークを採用。フレームとフォークの剛性バランスの最適化により、アルミフレームならではのキレのある走りを活かしつつ、カーボンフォークの快適さと軽さを実現ています。

左右非対称のダウンチューブ形状

ダウンチューブはカーボンフレーム同様、左右非対称のパイプ形状を採用。ペダリングパワーを最大限に生かす伝達性を実現し、鋭い加速を生み出すと同時に、軽量と剛性を両立させています。

リムブレーキとディスクブレーキ

2019トレックエモンダALR_キャリパーブレーキ

2019トレックエモンダALR_ディスクブレーキ

エモンダALRは、軽量でメンテナンス性に優れるリムブレーキと、天候を問わず高い制動力とコントロール製を発揮するディスクブレーキを選ぶことができます。ALR5ディスクのディスクブレーキにはポストマウント、ALR5/ALR4のキャリパーブレーキにはダイレクトマウントを採用しています。

シマノ製フルコンポーネント

2019トレックエモンダALR_コンポーネント

クランクやカセットなどは通常オリジナルや異なるブランドのものが採用されがちだが、ALRのコンポはシマノ105またはティアグラで統一されています。(ALR4のブレーキのみダイレクトマウントがティアグラにラインナップされていないためテクトロ製を使用)

デュオトラップS

2019トレックエモンダALR_デュオトラップ

エモンダなどにも採用されるワイヤレス(ANT+、ブルートゥース規格)でスピードやケイデンスの情報をサイクルコンピューターに送信するデュオトラップSの装着が可能です。(デュオトラップセンサーは別売りです)

ハイエンドバイクと同じ環境下で開発

世界トッププロのプロツアーチーム「トレック・セガフレード」。エモンダALRの開発も彼らプロ選手が使用するレースバイクと同じ環境下、アメリカ・ウィスコンシン州のトレック本社にて行われています。

生涯保証を実現したクオリティ

たとえ超軽量でも、簡単に壊れるバイクでは誰も欲しがりません。エモンダALRを始め全てのトレックバイクには、製造上の不具合を生涯にわたって保証する独自のプログラムを1976年の創業当時から行なっています。多くのメーカーが期間を限定した保証であるのに対し、トレックの生涯保証はその開発力と製品クオリティへの自信です。

最後に

トレック・エモンダALRは、アルミフレームながら上位機種のカーボンバイクに匹敵するパフォーマンスのロードバイクです。ブログでは伝えきれないフレームサイズの選び方や、乗り方・おすすめのサイクリングコースなど、ぜひお気軽にご来店ください。

トレック・エモンダ ALR5 ディスク
トレック・エモンダ ALR5
トレック・エモンダ ALR4
トレック・エモンダ ALR5 ディスク WOMENS

 

関連記事

  1. トレック・マドン SL6
  2. Domane ドマーネ SL6 Disc
最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
  2. FX3とFX3ディスク
  3. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
PAGE TOP