2022年 キャノンデール CAADオプティモ 1

アルミロードバイクと言ったらキャノンデール!と言われるくらい、アルミロードバイクに定評のあるキャノンデールですが、軽量で高性能はそのままに、コンポーネント:105にしながらもお求めやすい価格とした「CAAD OPTIMO 1(キャド オプティモ 1)」を解説していきます。

2022年 CAAD オプティモ 1

CAADとは、Cannondale Advanced Aluminum Designの略で、独自の溶接方法やフレーム構成技術を活かし製造したキャノンデールが誇る高性能アルミフレームです。

「CAADオプティモ 1」は、CAADシリーズの中でも、アルミ素材をSmartForm C2アルミ、フォーク: フルカーボンとし、コンポ―ネント:105をアッセンブルしながらもお求めやすい価格を実現したモデルとなっています。

フレームの特徴

フレームには、アルミ素材:SmartForm C2アルミを使用し、軽量ながらも剛性が良く、さらに快適性の良い、バランスの良いフレームに仕上がっています。

前輪を支えるフォークには、コラムまでカーボンの高性能フルカーボンフォークが採用されています。

また、下に向かうにつれ直径を増すテーパーステアラーを採用し、軽量で機敏なハンドリングを実現しています。

コンポーネント:105

コンポーネント(変速機・ギア・など)の駆動系は耐久性に定評のあるシマノ105(2x11速)を採用しています。

リアスプロケットは11-30Tが採用されており、コンパクトクランクの50-34との組み合わせにより、レースの他ロングライドでもストレスの無いギア比となっています。

ブレーキも105採用となっていて、カッチリ効くブレーキ性能となっています。

生涯保証

お客様の所有期間中は生涯にわたりキャノンデールのフレームの製品上の欠陥を保証されるプログラムがキャノンデールにはあります。CAADオプティモ 1は所有期間生涯にわたって保証されます。

こんなあなたにおすすめ

「CAADオプティモ 1」は、軽量で乗り心地が良く、素直なハンドリングで非常に扱いやすいバイクに仕上がっています。

またCAADシリーズの中でも、コンポーネント:105と充実装備ながらもお求めやすい価格を実現したモデルとなっています。

軽量ホイールを履かせるとレースでも即戦力となりますので、クリテリウムなどのレースで使い倒したい方におすすめです!また、快適性が高く丈夫なバイクですので、初めての1台に、ツーリングやロングライド派の方にもおすすめです!

CAADオプティモ 1 スペック

フレームセット

All-New SmartForm C2 Alloy, SAVE, tapered headtube, fender mounts, 130x9mm QR
BallisTec Full Carbon, 1-1/8″ to 1-1/4″ steerer, fender mounts, 100x9mm QR

ホイール

RS 2.0, 24h front, 28h rear
(F) Formula RB-56 / (R) Formula RB-5711
Stainless Steel, 14g
Vittoria Zaffiro Pro Slick, 700 x 25c

ドライブトレイン

Shimano 105, 50/34
Shimano BSA Sealed
Shimano HG601, 11-speed
Shimano 105, 11-30, 11-speed
Shimano 105, 31.8 clamp
Shimano 105 GS
Shimano 105, 11-speed

コンポーネント

Cannondale 3, 6061 alloy, Compact
Cannondale Bar Tape, 3.5mm
Cannondale 3, 6061 Alloy, 31.8, 7°
CAAD Optimo, 1-1/8″ to 1-1/4″, 25mm top cap
Shimano 105 7000
Cannondale Stage CX
Cannondale 3, 6061 Alloy, 27.2 x 350mm

カラー

Candy Red

Alpine

価格

¥187.000(税込)

関連記事

  1. トレック・エモンダ SL5 2019モデル
最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
PAGE TOP