2021年 トレック エモンダSLRディスク

こんにちは。仙台市若林区荒井のスポーツ自転車専門店サイクルストアファーストです。

2021年モデルとしてフルモデルチェンジしました「エモンダ」ですが、今回はハイエンドモデル「エモンダSLR ディスク」の詳細に迫っていきます。

エモンダSLR ディスク

エモンダは「削ぎ落とす」という意味で、「軽量」をコンセプトに設計されたバイクです。そして今回のNEWエモンダは、登坂で最も速いバイクとなるよう設計されました。

今までの「エモンダ」は非常に軽く、組み合わせるパーツを変えるとUCI規定の6.8kgを簡単に下回る事ができるほどでした。

NEWエモンダは、このことから軽さの追求以外で「最速バイク」を目指すべく「エアロ化」に着手しました。しかし、エアロフレーム形状にするとどうしても重量が増えてしまう。そこでトレックでは、フレーム素材を一から開発し、軽量で最速なバイクが完成しました。

「エモンダSLR ディスク」は、登り・下り・平坦と全てのシチュエーションで速い、トレック史上最強のバイクに仕上がっています。

OCLV800カーボン

トレックでは、今回フレーム素材を一から開発し、数年の時間を要して「OCLV800カーボン」が誕生しました。

「OCLV800カーボン」はこれまでのカーボン素材に比べ30%強度が上がりました。そして、素材の量を減らすことにより、「エモンダSLR ディスク」のフレーム重量は、エアロフレームながら700gを切る!という超軽量に仕上がっています。

エアロチューブ形状

開発に長い時間をかけ、フレームも50回もデザインして誕生した、今回の「エモンダ」の目玉ともいえるKVF(カムテールバーチャルフォイル)エアロチューブ形状!ヘッドチューブ・ダウンチューブ・シートチューブ・シートステーに用い、重量と空力性能の完璧なバランスを実現しました。

アイオロスRSLカーボンエアロバー/ステム

エモンダと同時開発された「アイオロスRSLカーボンエアロバー/ステム」が標準装備となっています。(通常のバー・ステムも取付できます。)

「アイオロスRSLカーボンエアロバー/ステム」は、風洞実験にて一定スピードを保つための出力を7ワット削減しています。

そして重量は、幅400㎜ステム90㎜のサイズで281gと超軽量です!

ケーブルは中通しでなく、ハンドルバー下部に設けられた溝を通ってステムでまとめられる整備性を高めた構造となっており、見た目もスッキリです。

シートマストキャップ

今までのエモンダで定評のシートマストキャップ方式の採用となっています。

シートチューブのしなりを最大限引き出せるうえ、シートマストキャップ自体もカーボンとなっていますので、縦方向の振動吸収が格段に良くなります。さらに、シートマストキャップ方式は、フレームのシートチューブが延長されているので剛性が高く、フレームと重なる部分が少なくなるので、バイク全体の軽量化にも役立っています。

BB47

今回のエモンダから、ドマーネに採用されていたBB47規格となっています。今までのトレックのロードバイクに採用されていたBB90に比べ、整備性と耐久性が上がりました。また、剛性も上がり、キビキビした気持ちの良いペダリングを実現しています。

プロジェクトワン

エモンダSLRは、全てカスタムオーダーの「プロジェクトワン」にて注文となります。またフレームセットでのオーダーも可能です。

好みのカラーやコンポ・ホイールのグレードなどを選ぶことができます。また、ステム・ハンドル・クランクの長さなども変える事ができますので、後々サイズが合わない!などの理由でパーツを買い替える必要が無くなります。

こちらのサイトで、好みのカラーのイメージ確認、パーツの変更、価格などを確認できます。  Project One

エモンダSLRのグレードについて

エモンダSLRの後についている数字はコンポーネントのグレードを表しています。

6→アルテグラ

7→アルテグラDi2

8→デュラエース

9→デュラエースDi2

ちなみに、

7eTap→SRAM Force eTap AXS

9eTap→SRAM Red eTap AXS

となっています。

例えば「エモンダSLR9ディスク」ですと、コンポーネント:デュラエースDi2となります。

こんなあなたにおすすめ

「エモンダSLR」は、トレック史上最速・最軽量のロードバイクであり、驚異的なパフォーマンスをもたらすテクノロジーを満載するバイクです。

「エモンダSLR」は旧モデルと比べて、勾配8%の坂を1時間で18秒も短縮します。平坦ではなんと60秒短縮します。蔵王ヒルクライムは平均勾配が約8%ですので、タイムが1時間位の方は「エモンダSLR」でチャレンジすると18秒も短縮する計算です。

最高峰のバイクが欲しい方、Trek-Segafredoのプロたちと同じバイクが欲しい方、最高のパフォーマンスを体感したい方におすすめです。また、レースで結果を出したい方にもおすすめです!

フレームスペック

フレーム Ultralight 800 Series OCLV Carbon, Ride Tuned performance tube optimization, tapered head tube, internal routing, DuoTrap S compatible, flat mount disc, 142x12mm thru axle
フォーク Emonda SLR full carbon, tapered carbon steerer, internal brake routing, flat mount disc, 12x100mm thru axle

完成車重量

組み合わせるコンポーネント・ホイールなどで変わりますが・・・

(エモンダSLR9ディスク)重量 56 – 6.72 kg / 14.82 lbs

(エモンダSLR7ディスク)重量 56 – 7.18 kg / 15.84 lbs
体重制限 このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。

 

関連記事

PAGE TOP