2022年 キャノンデール トレイル7.1

キャノンデール Trail7.1(トレイル7.1)は、山を駆け抜ける楽しみから、通勤・通学などのデイリーユーズまでマルチに楽しめるマウンテンバイクとなっています。

また、搭載されるパーツを見直し、コストパフォーマンスを高くしたのも魅力です。

2022年 Trail 7.1(トレイル7.1)

トレイル7.1は、丈夫で乗り心地の良いアルミフレームに、フロントサスペンションフォーク・1X8速ドライブトレイン・油圧ブレーキ・29インチホイール(XS・Sサイズは27.5)の充実装備となっています。

フレームの特徴

フレーム素材にキャノンデールの誇るスマートフォームC2アロイを採用し、軽量なうえに快適性の高いフレームに、フロントサスペンションを搭載しています。

緩やかな68°のヘッドアングルにより、下りでも安定性が高くなっています。

SAVEマイクロサスペンション

「SAVEマイクロサスペンション」と呼ばれる、1本1本のチューブを特別に加工して設けられたフレーム形状により、スムーズでコントロールされた乗り心地を実現しています。

Right Sized Wheels

XSサイズとSサイズには27.5インチ、M~XLには29インチを採用し各サイズごとに設計されていますので、どんな体形のライダーでも適正サイズを選ぶことにより、最高のフィット感、スピード、楽しさが提供されます。

ドライブトレイン

ドライブトレインは1x8速が採用されます。

フロントシングルにより、変速操作がシンプルになっています。また、チェーン外れ等トラブルのリスク軽減に貢献してくれます。

カセットは12-42というワイドギアにより、平坦や下りの他、急な坂道・登りでもストレスなく走れるギア比となっています。

油圧ブレーキ

下りや雨などの悪天候時でも安定した制動力が得られる油圧ブレーキが採用されます。

生涯保証

お客様の所有期間中は生涯にわたりキャノンデールのフレームの製品上の欠陥を保証されるプログラムがキャノンデールにはあります。「トレイル7.1」は所有期間生涯にわたって保証されます。

こんなあなたにおすすめ

トレイル7.1は、丈夫で乗り心地の良いアルミフレームに、フロントサスペンションフォーク・1X8速ドライブトレイン・油圧ブレーキ・29インチホイール(XS・Sサイズは27.5)の充実装備となっています。

非常にコストパフォーマンスの高いモデルですので、通勤・通学など街乗りに、トレイルやグラベルなど未舗装路も走ってみたい方など、これからマウンテンバイクを始めたい方におすすめです。

トレイル7.1 スペック

フレーム

SmartForm C3 Alloy, SAVE, 1-1/8″ headtube, post mount disc, StraightShot internal cable routing, dropper post compatible, BSA-73
SR Suntour XCT DS, 100mm, coil, 42mm offset (27.5″) 46mm offset (29″)

タイヤ

WTB SX19, 32h
(F) Formula DC-1420, QR / (R) Formula DC-1422 HG freehub, QR
Stainless Steel, 14g
WTB Ranger Comp, 29×2.25″ (27.5×2.25″ – XS, SM), DNA Compound

ドライブトレイン

Cannondale Platform
Prowheel, 30T
Sealed bearing cartridge, square taper
KMC Z8.1, 8-speed
microSHIFT, 12-42, 8-speed cassette
microSHIFT Acolyte
microSHIFT Acolyte, 8-speed

コンポーネント

6061 Alloy Riser, 31.8mm, 25mm rise, 700mm
Cannondale Dual-Density
6061 Alloy, 31.8, 8°
Semi-Integrated, 1-1/8″
Tektro M275 hydraulic disc, 160/160mm rotors
Cannondale Stage 3
Cannondale 3, 6061 Alloy, 31.6 x 350/400mm

XS, SM, MD, LG, XL

カラー

Black

Green

価格

¥75.900(税込)

 

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ゼロ
PAGE TOP